ロングセラー

エンディングノート,始めてみませんか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

映画「エンディングノート」のヒットもあり,今やすっかり定着した感のあるエンディングノート。エンディングノートは,いざというときのために,自分に何かあったらどう対応して欲しいのか,希望を書きまとめておくものです。内容は,医療や介護の希望から財産のこと,伝えておきたい自分史まで,幅広く多岐にわたります。

エンディングノートは,一度に全部を書かなくてもよいのです。できるところから少しずつ,気が向いたときに。中には重いテーマもありますから,それは後に取っておいても構いません。

書きやすいのが,自分の「今」について。基本的な情報,つまり,自分の名前・住所・何かあったときの連絡先,健康保険とかかりつけの病院,アレルギーや飲んでいる薬,健康で気になること,現在受けている介護サービスなど。これからは,書きやすいだけでなく,もし万が一倒れたりした場合などにもすぐに役立ちます。

次に,お金関係。自分の持っている預貯金,株式,年金,保険,そしてクレジットカード。意外にたくさんあるのではないでしょうか。一時,休眠口座が話題になりましたが,休眠とまでいかなくても,ほとんど使っていない口座はありませんか? 勧められるがままにつくったクレジットカードも,持っているだけなら,整理してみてはどうでしょう。

自分の「未来」については,一気に書くのは難しいでしょう。ここは少しずつ,書いていきましょう。延命処理や葬儀,相続の希望だけでなく,この先自分がやっておきたいことを積極的に書きましょう。伝えたい思いや出来事などを書いていくのも楽しいものです。

終わりのために準備するなんて……,と思われる方もいらっしゃるでしょうが,エンディングノートは,これからをどう生きたいのかを考え直すよいチャンスです。⁠生きるために死と向き合う」とまではいかなくても,自分の「今」を整理しておく,くらいの気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントの記入