新刊ピックアップ

ASP.NETをきちんと理解できる3つのポイント

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ASP.NETという技術は,以前から存在するASPと名前が似ているために,その後継の技術として認識している方もいるかもしれません。ここではそれらの誤解を解き,すっきりとASP.NETの学習に入れる3つのポイントをお教えします。

1.ASP.NETはASPの新バージョンではない!

ASP.NETは,2002年にバージョン1.0,2005年にバージョン2.0がリリースされました。asp.dllに処理されたスクリプト(aspファイル)を動作させるASPと異なり,ASP.NETは.NET Frameworkをベースに動作するWebアプリケーションやWebサービスを示します。よって,VBScriptなどのASPアプリケーションをASP.NETアプリケーションとして動作できる「互換性」はありません。

2.ASP.NETという言語があるわけではない!

「ASP.NET」「言語」ではなく,技術の名称です。ASP.NETの開発言語として,Visual Basic,C#,C++,VBScript,JScript,COBOL,Perl,Python,Pascal,Fortran,SmallTalkなどがあります。

3.IISだけではASP.NETアプリケーションは動作しない!

ASP.NETは実行エンジンとして.NET Frameworkが必ず必要になります。よって,IISに加えて,.NET Frameworkがマシンにインストールされていなければなりません。そもそも,ASP.NETなどの.NETアプリケーションの開発や実行に必要な技術を提供するものが.NET Frameworkなのです。

コメント

コメントの記入