新刊ピックアップ

Web制作者はHTMLとCSSの動向を追っておこう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Webサイト制作の手法は変化する

HTMLとCSSでWebサイトを制作するときに,いつまでも同じやり方が通用するわけではありません。サイト設計・制作の手法には,時流に即した変化があることを理解し,その動向を追っておきましょう。

サイト設計・制作の手法は,W3Cが策定するHTML要素や,CSSプロパティの仕様に影響を受けます。最新の仕様を実装したブラウザでは,新たな表現を取り入れたWebサイトを表示させることが可能になったり,逆に古い仕様でマークアップされたサイトの表示が崩れたりします。また,策定された仕様は,ユーザーによるWebの使われ方の変化などのフィードバックを受け,さらなる変更が加えられていくことになります。

昨年11月1日に,HTML 5はHTML 5.1へとマイナーチェンジしました。現在のHTMLは,Webアプリ開発に対応することを目的のひとつとしています。今回のマイナーチェンジでも, その目的意識はHTML 5とHTML 5.1の仕様の違いに表れています。興味のある方は,HTML5とHTML 5.1の差分を以下のURLで確認できるので,アクセスしてみてください。

HTML 5.1: Changes
https://www.w3.org/TR/2016/REC-html51-20161101/changes.html

HTML 5.1の新機能「picture」要素

HTML 5.1で追加された新機能のひとつにpicture要素があります。picture要素は,レスポンシブに対応するための要素です。

例えば,サイト内にある写真を表示したいときに,PCではPCの画面用に最適化した画像ファイルAを表示し,スマートフォンではスマートフォンの画面用に最適化した画像ファイルBを表示する,ということが可能になります。

現在では,デバイスによって画面サイズや,画面のピクセル密度が多種多様ですが,それら環境に応じたきめ細かな表示切り替えが可能となります。

ただし,残念ながらInternet Explorer 11(以下,IE 11)はこのpicture要素に対応していません。本稿執筆時点で,IE 11の国内でのブラウザシェアは16%前後です。幅広いユーザーを対象とするWebサイトでは,積極的に導入できる手法とは言い難いです。しばらくの間,様子見が続くでしょう。

利用が加速するフレックスボックス

フレックスボックスはCSS3モジュールのひとつで,CSSの新しいレイアウト機能を実現します。⁠新しい」とは言いつつ,実際には2009年に最初の草案が公開されています。現在まで,何度も仕様が変化していますが,先ほど紹介したpicture要素とは異なり,IE 11にも対応しています。ほとんどのブラウザで問題なく使用できる状況にあり,すでに導入を経験している人も多いでしょう。

フレックスボックスの基本レイアウトは,複数のボックスを横方向,または縦方向に並べるものです。この手法ではボックスの並びをかなり柔軟に変更することができ,複雑なレイアウトもシンプルなマークアップで実装することができます。レスポンシブデザインにも親和性が高いと言えます。

一部のブラウザでは多くのバグも存在しており,実装にあたって注意は必要ですが,今後ますます利用が進んでいくでしょう。

画像

新刊のHTML5&CSS3デザインレシピ集では,よく使用される制作手法を数多く収録,解説していますので,制作時の参考になさってください。

コメント

コメントの記入