今すぐできる超絶シンプルなMTのCMSカスタマイズテクニック

第3回 やみくもにMT化する前に,きちんと構成を考えておかないと後で大変になりますよの巻

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第1回第2回を通して,とにかく「お知らせ」だけが更新できるようにMTのカスタマイズを行いましたが,サイトの大部分をMT化していきたい場合,やみくもにできそうなところからMT化していくと,後で必ず面倒になり、後悔するハメになります。MTを使ってサイトを構築するなら,サイト制作そのものを始める前に,MT上のウェブサイトとブログの役割,テンプレートの役割,共通テンプレートの使い方などを理解した上で事前に設計しなくてはなりません。

今回の企業サイトの例で,これらについて考えていきましょう。

MT化する部分とサイトの全体設計を考える

図1のような企業サイトをMT化する場合を考えましょう。まずはサイトのどこをMTで更新可能にしたいかを検討します。

図1 今回想定する企業サイト

図1 今回想定する企業サイト

今回MT化する個所は,図2のようになりそうです。

図2 MT化する個所

図2 MT化する個所

  • 会社案内のページ(沿革とか,会社概要のページをたまに更新する)
    ⁠ウェブページ」で既存のページを更新可能にする
  • 商品一覧(商品ラインナップが増えるたびにページを追加できるようにしたい)
    ⁠ブログ」で,商品ページが作成できるようにする
  • お知らせ(会社のお知らせを随時配信できるようにして,お知らせ一覧をトップページにも表示させたい。)
    ⁠ブログ」で,お知らせのページを作成できるようにし,お知らせ一覧はトップページにも表示できるように設定する第1回第2回でカスタマイズ方法を説明しました)⁠ さらに,作成するテンプレートの種類も事前に考えておきます図3)⁠

図3 作成するテンプレートの種類

図3 作成するテンプレートの種類

どのウェブサイト・どのブログにどのようなテンプレートを用意する必要があるのか,最初に決めておきましょう。テンプレートの種類と役割については,回を追って,つど説明していきますが,ドキュメントを参考にしていただくとわかりやすいと思います。

さらにMTでは,サイトで共通して使用するヘッダーやフッター,サイドメニューなどのパーツは,モジュールとして登録,テンプレート内でモジュールを呼び出して,一括で管理できるようにすることが出来ます(詳しくは次回で説明します)⁠例えば,フッターコピーライト表記 “Copyright 2010⁠を “Copyright 2011⁠に即変更したい場合など,フッターのモジュールの一部を修正すれば,モジュールを読み込みこんでいる全てのページが即座に反映されます。

ページのどの部分をサイトの共通モジュールとして設定するのかも先に考えておかなくてはいけません。今回のサイトでは,ヘッダー,サイドバナー,フッターをモジュール化することにします図4)⁠

図4 ページのどの部分を,モジュールとして使い回しができるように設定するか決めます

図4 ページのどの部分を,モジュールとして使い回しができるように設定するか決めます

  • ヘッダー →⁠header」モジュール
  • サイドバナー →⁠side_banner」モジュール
  • フッター →⁠footer」モジュール

MTをCMSとして使ってサイトを構築する場合は,事前に以下の3つについてきちんと設計しておきましょう。

  • 作成するウェブサイト,ブログ,ウェブページの数と種類
  • 作成するテンプレートの数と種類
  • 作成するモジュールの数と種類

図5 全体のサイト設計はこんな感じです

図5 全体のサイト設計はこんな感じです

「会社案内」の1ページをウェブページ機能で編集可能にする

さて今回の記事の後半では,会社案内のページをウェブページで更新可能にできるように設定方法について解説していきます。

「ウェブページ」は,

  • 共通のデザインで,手軽にウェブページを作成したい
  • ファイル名や,公開するURLを指定したい
  • カテゴリーではなく,フォルダーで管理したい

という場合のページを作成するときに適しています。

ちなみに「ブログ」は,

  • 頻繁に更新したい
  • 更新情報を通知したい(RSSフィード,Ping更新通知)
  • カテゴリーや投稿日など,同じコンテンツをアーカイブで整理して公開したい

という場合に利用します。

今回は会社案内の個別のページを更新できるように,ウェブページを使ってMT化していきます(※事前に会社案内用のHTMLを用意されていることが前提で説明していきます)⁠

著者プロフィール

高橋真弓(たかはしまゆみ)

2005年,都内のWeb制作会社にてWebプロデュースやWebディレクションを担当。2008年,シックス・アパート株式会社に入社。マーケティング・マネジャーとしてシックス・アパートのマーケティング活動全般を手がける。

http://uramayu.typepad.jp/

コメント

  • 会社案内ページ用のHTMLソース

    「あらかじめ用意した会社案内ページ用のHTMLソース」とありますが、サンプルはないのでしょうか?
    前回もこれで戸惑いました。
    ソースを自分で作るのはいいのですが、どういった内容でといのがわかりにくかったです。

    あと、記事中の
    <$MTEntryTitle$><$MTEntryBody$>
    のMTEntryは、MTPageですよね。

    Commented : #1  Viora (2010/07/24, 06:32)

コメントの記入