2010年版SEO体得講座

第10回 検索アルゴリズムを分析してみよう! (5)ペナルティ対策

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

検索結果の上位に表示されていたサイトが,ある日突然,大幅に順位が下がったり,検索結果に出てこなくなる現象があります。その理由はなんでしょうか。また,そんなときはどのように対処すればよいのでしょうか。

しばらく放っておくとまた順位が元に戻ることも少なくありませんが,Yahoo! JAPANやGoogleにペナルティ判定を受けた場合は順位が回復しないことがあります。ペナルティを受ける要素は様々ありますが,一言でいうと,検索エンジンを欺くようなSEO対策をしているとペナルティ判定を受けることがあります。

ペナルティのチェック

したがって,順位が下がったり表示されなくなったとき,まずチェックすべきことは,ペナルティ判定をされたかどうかです。前回ご紹介したtakotubo.jp インデックス状況調査ツールを使ってチェックしてみましょう。⁠site:」以降の順位が「○位」となっているところを確認します。すべて1位になっていればペナルティは受けていないと考えていいでしょう。1位になっていないものが1つでもあればペナルティになっている可能性があります。

図1 ペナルティのチェック

図1 ペナルティのチェック

ペナルティ対策(1) 基本的な対策

まず基本的なペナルティ対策をツールを使って行います。これには3種類あります。

基本的なペナルティ対策の1つ目は,takotubo.jp 外部発リンクインデックス状況調査ツールを利用します。

takotubo.jp 外部発リンクインデックス状況調査ツールでは,ペナルティの疑いがあるURLを入れてチェックすると,当該ページから外部発リンク(当該ページのドメイン外へのリンク)先のインデックス状況が表示されます。⁠site:」の順位が1位でないリンク先は,そのリンク先ページがペナルティになっている可能性があるので,その発リンクは削除することを検討します。

図2 外部発リンクインデックス状況調査

図2 外部発リンクインデックス状況調査

この対策は「スパムサイトにリンクを提供しているサイトにもペナルティが課せられる」という仮説のもとに行うものです。⁠site:」の順位が1位でないリンク先が確実にペナルティになっているとは限りませんし,このような発リンクを削除したからといって確実に自社サイトのペナルティが解除されるとも限らないのでご注意ください。

基本的なペナルティ対策の2つ目は,takotubo.jp タイトルテキスト重複チェックツールを利用します。

takotubo.jp タイトルテキスト重複チェックツールでは,当該ページのタイトルと同じタイトルのページがドメイン内にあれば,そのURLがわかるツールです。タイトルはページ固有の内容で設定すべきで,同じタイトルが複数あると「検索エンジンがどのページがどの内容について述べているのか混乱し,結果としてペナルティ状態に陥る」という仮説にもとづいて対策するものです。

こちらも重複タイトルがあったからといって確実にペナルティになるとは限りませんし,重複タイトルを無くしたとしても確実に自社サイトのペナルティが解除されるとも限らないのでご注意ください。詳しくは前回をご覧ください。

基本的なペナルティ対策の3つ目は,takotubo.jp リンク切れチェックツールを利用します。

takotubo.jp リンク切れチェックツールでは,当該ページ内に設定されているリンクを200件まで調査し,リンク切れをチェックします。リンク切れが即ペナルティにつながる可能性は高くないと思われますが,ユーザビリティの面でもリンク切れはマイナスなのでチェックしておきましょう。詳しくは前回をご覧ください。

ペナルティ対策(2) キーワード調整

ペナルティ対策(1)の対策が終わったら,次はペナルティと相関が高い傾向にあるページ内のキーワード調整を実施します。

ペナルティになりやすいHTMLソースの傾向として,⁠タイトルやh1タグ内にSEOキーワードが何度も出現している」⁠⁠SEOキーワードが密集している」などがあります。ただ,キーワード調整に関しても,⁠これだけSEOキーワードを調整したらペナルティから脱出できる」というような確固たる基準がないため,仮説を立てて試行錯誤するしかありません。

キーワード調整を実施する際に便利なツールが2つあるので紹介します。1つ目のツールはSEO 内部対策チェックツール talabagani.jpです。

SEO内部対策チェックツール talabagani.jpではSEOキーワードと自社サイトのURLを入れるだけでSEOの内部対策状況がグラフや表で表示されます。自社と競合サイトのキーワードバランスを比較し,参考とする際に活用しましょう。詳しくは第3回の記事を参照してください。

2つ目のツールはohotuku.jp キーワード出現率チェックです。

ohotuku.jp キーワード出現率チェックは,SEOキーワードと「出現率目標」を設定できるツールで,出現率目標に対し当該ページのSEOキーワードの出現率とどのくらい差があり,目標を達成するためにはどれくらいの増減が必要かを数値で示してくれます。狙ったキーワード出現率の調整をする際に数値がひと目で分かるので大変便利です。詳しくはサイトをご覧ください。

著者プロフィール

藤沢竜志(ふじさわたつし)

株式会社ディーボ 代表取締役社長

1964年大阪府出身。大阪大学基礎工学部情報工学科中退。大学在学中からソフトウェアベンチャーで仕事をはじめ、パッケージソフト製品の開発、マーケティングに従事。東京の食品流通業経営企画室で戦略情報システムを構築、米大手ソフトハウスのデータベース製品マーケティングマネージャー、ITソリューション営業を経て札幌へ移住。

1999年株式会社ソフトフロント開発担当取締役としてネットビジネスの共同開発を多数手がける。2001年営業担当取締役としてVolP、SIP技術ソリューション営業を担当、ヘラクレス市場への上場を経験。

2003年株式会社データクラフトの写真販売サイト(現イメージナビ)の事業責任者として画像検索エンジンの設計を行い、この頃からSEO対策に取り組み始める。

2005年株式会社ディーボ設立。SEO対策を技術面、運用面から研究。SEO対策は自社で行うべきという持論を持ち、現在はSEO対策のためのツールやサービスを開発し提供している。

著書に『即実践! SEO対策』がある。

コメント

コメントの記入