速報!2007 JavaOne Conference

4日目General Session:写真満載レポート!動画あり! Toy Show―ロボット,ヘリコプター,潜水艦…各種Javaデモとともに閉幕へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

最終日,4日目に行われたGeneral Sessionは,Java関連デモンストレーションのオンパレードでした。

和太鼓の音ともに

オープニング前,会場を盛り上げたのはSan Francisco TAIKO DOJOのメンバーによる和太鼓演奏。参加者は皆,アメリカ西海岸で和風な音楽とともに,今年最後のGeneral Sessionを待ちわびました。

オープニング前の和太鼓演奏

オープニング前の和太鼓演奏

James Gosling氏によるToy Show開幕!

最終日General Sessionのメインを務めたのは,おなじみJavaの産みの親,James Gosling氏。Toy Showと題し,華々しい2007年フィナーレの幕開けとなりました。

Toy Show―どんな製品が出てくるのかドキドキします

Toy Show―どんな製品が出てくるのかドキドキします

Project D-Light:DTrace for Developers

最初に登場したのは,米SunのDevelopment Tools Engineering,Roman Shaposhnik氏が紹介する「Project D-Light」。これは,Sun Studio上で利用できる機能拡張で,Solaris 10での最大のカーネル拡張である「DTrace」(OS内の動向をチェックするための機構)を,NetBeans上で可視化し,さらに分析できます。

現在NetBeans向けのモジュールの開発も進んでおり,2007年5月末にはリリースされるとのことです。

Project D-Lightのデモ

Project D-Lightのデモ

Network.comによるグリッドコンピューティング

続いて,Sun Grid EngineeringのSenior Staff EngineerのRob Englander氏による,グリッドコンピューティングのデモが行われました。同氏は,Network.comにおいてさまざまなグリッドコンピューティングの研究開発を行っています。今回は33スタックのグリッドを構築し,StarOffice上のSpread Sheetに株価を表示するデモが行われました。

グリッドを使った計算結果の表示。200GPUを使ったフルタイム稼働も実現できるとのこと

グリッドを使った計算結果の表示

NetBeans 6

その後は,初日のGeneral Sessionでも紹介されたNetBeans 6のプレビューが登場しました。

今回のデモでは,Tor Norbye氏により,サポートが発表されたJRuby,そしてその上で動くRuby on Railsのアプリケーションの他,SwingアプリによるMushupなどが紹介されました。

操作性に加えて,拡張性が上がったNetBeans 6

操作性に加えて,拡張性が上がったNetBeans 6

コメント

コメントの記入