Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第5回 Android StudioとGradle[前編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 9 分

はじめに

今回はAndroid Studioのプロジェクト設定についての話です。このあたりは不安定で,安定するまで触れないほうがいいかなと思いましたが,それだと致命的なほどできないことだらけになるので,避けては通れない道だと踏ん切りました。

Android Studioのプロジェクト構成とビルドツールGradleは切っても切れない間柄にあるのですが,一度にすべてを説明するのは難しいので,前後編に分けて説明します。前編にあたる今回は,以下のような基礎的な話を中心に説明を行います。

  • プロジェクトの設定にどのような種類があるのか
  • それらの設定情報がどう管理されているか

後編では,Gradleのビルドスクリプトを絡めたプロジェクトの設定変更やTIPSなど実用的な話をする予定です。

今回はウンチク中心になりますので,全部読むのが億劫な方は次の3点だけ覚えて貰えれば,今回の目的は達成します。

  1. Android Studioのプロジェクト設定はちょっとしたまやかしで,ここを変更してもビルドに影響は与えません

    • ビルドは,Android Studioではなく,Gradleが行っているためです
    • それでもAndroid Studioにプロジェクト設定をしておかないと,エディタのコード補完が正しく行えません
  2. プロジェクトの設定を変更したければ,Gradleのビルドスクリプトbuild.gradleを修正しなければなりません

    • ビルドに関する情報を握っているのはbuild.gradleです
    • Android Studioのプロジェクト設定は,build.gradleからの投影でしかありません
  3. プロジェクト設定や設定変更に関してはAndroid StudioよりGradle,特にAndroid用プラグインが重要になります

【注意】:Android Studioは開発バージョンであるため,今回紹介した問題はいずれ解決される可能性があります(今回はv0.1.2で試しました)⁠

プロジェクトの基礎知識

まずAndroid Studioがどのようにプロジェクトを管理しているのが知っておきましょう。プロジェクト管理を知る上で必要となる概念は,ProjectとModuleです。

Android開発に興味のある方の多くはEclipseをよくご存じかと思いますので,Eclipseと比較してみます表1)⁠

表1 EclipseとAndroid Studioの構成情報の対応FAQ for Eclipse Usersより)

EclipseAndroid Studio
WorkspaceProject
ProjectModule
Project-specific JREModule JDK
User libraryGlobal library
Classpath variablePath variable
Project dependencyModule dependency
LibraryModule library

広い意味で取れば,Android StudioのProjectはEclipseのワークスペース(Workspace)に相当しますが,Eclipseと異なり関連のあるModuleだけで構成されています。そのため感覚的には

「EclipseのProject=Android StudioのProject+Module」

のほうがしっくり来るのではないでしょうか。

仕方が無いことなのですが,このようにIDEによってプロジェクト管理方法や用語が異なることが,Android Studioへの乗り換えやEclipseとの併用の大きな妨げになっていると思います。

Android StudioのベースとなったIntelliJでは,プロジェクトを作成すると「Projectと同じ場所に1つのModuleができる」が基本形なのですが,Android StudioではGradleとの兼ね合いにより,

「Projectと同じ場所にModuleが1つ,さらにその下にもう1つのModuleができる」

を基本形にしています(理由は追って説明します)⁠

プロジェクトの設定手段

Project,Module といった管理対象が,どこで設定されているかを説明ます。Android StudioがProjectやModuleに対して行える設定手段は次の3種類あります。

Project Structure

Moduleの依存関係,ProjectやModuleのパス設定,SDKやライブラリの指定など主にファイルパスまわりの設定を行います。

設定画面の開き方は,メニューバーの「File→Project Structure」か,ツールバーの「Project Structure」から行います図1

図1 ツールバーの「Project Structure」

図1 ツールバーの「Project Structure」

Project Settings

コードフォーマットのスタイル指定,ファイルのエンコード指定,バージョン管理の設定などプロジェクト固有の各種設定を行います。身もフタも無い言い方ですが,Project Structureで設定できないものはすべてこちらで設定します。

設定画面の開き方は「アプリケーションメニュー→Preferences...」⁠WindowsやLinuxはメニューバーの「File→Settings」⁠か,ツールバーの「Preferences(Settings)⁠ボタンから行います図2)⁠

図2 ツールバーの「Preferences(Settings)⁠

図2 ツールバーの「Preferences(Settings)」

「Preferences」画面は,Android Studioの設定画面も兼ねており,Project固有の設定はProject Settings [ ProjectName ] 」が相当します図3)⁠

図3 ⁠Preferences / Project Settings」画面

図3 「Preferences / Project Settings」画面

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入