Android Studio最速入門~効率的にコーディングするための使い方

第20回 エディタの話[その12]─ キーカスタマイズとエディタコマンド一覧

この記事を読むのに必要な時間:およそ 8 分

はじめに

延々と続いてきたエディタの話も遂にネタ切れになりましたので,最後にキーカスタマイズについて説明します。筆者の主観ですが,Android Studioが標準で用意しているショートカットキーはあまり洗練されているとは思えません。キーコンビネーションが多く,コマンドを連想しづらいものが多いです。

筆者は「使いづらければ直してしまえ」という思想の持ち主のため躊躇無くキーカスタマイズを行います。その弊害としてデフォルトキーマップを欠片も覚えていません。本連載でショートカットキーの表記がほとんどないのは,そういった背景も多少関係しています。

キーカスタマイズについて

Andorid Studioのキーカスタマイズは「Prefereces / Keymap」で行います。

図1 ⁠Prefereces / Keymap」設定画面

図1 「Prefereces / Keymap」設定画面

「Keymaps」のプルダウンリストにはプリセットしてあるキーマップの一覧があります。プリセットに満足できるキーマップが無い場合,ベースとなるキーマップからコピーを作成し,自分専用のキーマップを作る事ができます(キーマップもカラースキーマと同じく,プリセットを変更したり,削除したりすることはできません)⁠

作成したキーマップは<AS_HOME>/keymapsにXMLファイルで保存されます。

[コラム]プリセットしてあるキーマップについて

Android Studioにプリセットしてあるキーマップの種類は意外と多く,図2でもわかるように12種類のもキーマップが用意されています。

図2 プリセットされているキーマップ一覧

図2 プリセットされているキーマップ一覧

Default
標準のキーマップです。装飾キーにCtrlキーやAltキーを多用しているため,WindowsとLinux向きです。
Mac OS X 10.5+, Mac OS X
Mac用の標準のキーマップです。2つありますが,オススメは「Mac OS X 10.5+」のようです(Macの初期設定がこちらになっています)⁠⁠Default」との互換性に乏しいため,Windows版とMac版を併用する時のもっとも頭を悩ませる部分になっています。

これら標準キーマップのチートシート(PDF)をメニューバーの「Help → Default Keymap Reference」からダウンロードすることができます。気休め程度にはなるので興味のある方は参照してみてください。

また「Emacs」⁠Visual Studio」⁠Eclipse」⁠NetBeans」といった主立ったエディタやIDEを模したキーマップも用意されていますが,あまり期待しないで使うことをオススメします。むしろ,これらを完成品と思わず,テンプレートとして自分用にブラッシュアップするものと思った方が穏やかでいられます。

キーマップの設定画面には,Android Studioで用意しているすべてのコマンドと,それぞれコマンドに設定してあるショートカットキーが一覧表示してあります(Android Studioの用語としては,コマンドではなく「Action」と呼ぶのが正確なのですが,言葉のイメージのしやすさから本稿では「コマンド」と表記しています)⁠

コマンド一覧直上の右側にあるテキストエリアでは「コマンド名による検索」⁠検索アイコンからは「ショートカットキーによる検索」ができます。

図3 ⁠Preferences / Keymap」でコマンドやショートカットキーを検索する(クリックすると動きがわかります)

「⁠Preferences / Keymap」でコマンドやショートカットキーを検索する` &title=`図3 ⁠Preferences / Keymap」でコマンドやショートカットキーを検索する` &width=`400` />

Android Studioが各コマンドに割り当てできるショートカットキーは次の2通りあります。

キーボードショートカット(「Add Keyboard Shortcut」)
図4のような設定ダイアログにて割り当てたいキーボードショートカットキーを設定します。

図4 ⁠Enter Keyboard Shortcut」ダイアログ

図4 「Enter Keyboard Shortcut」ダイアログ

なにげにショートカットキーに2ストロークキーを設定することができます(⁠Second Stroke」をチェックして設定します)⁠
すでに同じショートカットキーが他のコマンドで設定済みの場合,⁠Conflicts」にそのコマンドが表示されます。それでも構わず「OK」ボタンを押すと,ショートカットキーを奪い取ることができます。
マウスショートカット(「Add Mouse Shortcut」)
2ストロークショートカットキー並に地味な存在ですが,マウスのボタンに対してもショートカットキーを割り当てることができます。

図5 ⁠Enter Mouse Shortcut」ダイアログ

図5 「Enter Mouse Shortcut」ダイアログ

「Click Count」のシングルクリックかダブルクリックかの他に,Ctrlキー,SHIFTキーなどの装飾キーと組み合わせる事もできます。⁠Shortcut Preview」に,装飾キーと組み合わせてマウスボタンをクリックした結果が表示されますので,実際に試してみたほうが理解が早いでしょう。
設定できるのはマウスボタンだけで,マウスジェスチャに対してコマンドを割り当てることはできないため,それほど使い勝手はよくありません。

上記のショートカットキーの割り当ては,設定したいコマンドにマウスカーソルを当て右クリックをするか,ダブルクリックするかで図6のコンテキストメニューが表示されるので,そこから行います(ショートカットキーの削除もここからできます)⁠

図6 ⁠Edit Shortcuts」ポップアップ

図6 「Edit Shortcuts」ポップアップ

ひとつのコマンドに複数のショートカットキーを割り当てることも可能です。

Mac版のAndroid Studioのショートカットキーに出てくる不思議な記号の意味は第11回を参照してください。

[コラム]Macのキーボードレイアウトについて

ショートカットキー・カスタマイズの天敵OS,Mac OS Xに限った話です。このOS,他のプラットフォームと比べて格段にショートカットキーの融通が利きづらいです。たとえば,前回紹介したエディタ分割系のショートカットキーに「opt+W」を割り当てようとしてもできません。なぜかというと,optキーのコンビネーションが特殊文字の入力用にOSが押さえているためです。モノは試しにキーボードビューアで,optキーを押したときのキーボードレイアウトを見てみましょう。

図7 Macのoptキーに割り当てられている特殊文字

図7 Macのoptキーに割り当てられている特殊文字

このため,普通に使っていてはoptキーを組み合わせたショートカットキーはほとんど使えないことがわかります。Macしか使わない場合には気にもならないのですが,Windowsと併用していたりすると,極力プラットフォーム間のショートカットキーを共通にしたくなるのが人情というものです(生粋のMacユーザには邪道と指を指されそうですが,筆者の場合,Android Studio/IntelliJに限り,カット・コピー&ペーストをCtrl+X, C, Vに割り当てています)⁠

幸運にも普段からMacしか使わない利用者であっても,optキーによる特殊文字の入力を知っている人はそれほど多くないと思います。逆に,そんな使いもしない特殊文字のためにショートカットキーの組み合わせが減ることに不満がある人の方が多いのでは?と想像します。

前置きが長くなりましたが「使わない機能なら消してしまえば良い」という実に貴族的な方法を紹介します。

そもそもの問題はキーボードレイアウトに余計な設定(optキーによる特殊文字入力)が登録されていることなので,それを元から断ちます。Ukuleleというキーボードレイアウトのカスタマイズツールがありますので,これを使って「optキーの組み合わせで何も起きないU.S.キーボードレイアウト」を作って,それを設定することでおしまいです。

図8 カスタマイズしたキーボードレイアウト(optキーの特殊文字が無効になっている)

図8 カスタマイズしたキーボードレイアウト(optキーの特殊文字が無効になっている)

とっても簡単ですね。

申しわけありませんが,ツールの使い方は各自でお調べください。Ukulele以外にも似たようなツールがあるようです。

著者プロフィール

今井勝信(いまいまさのぶ)

システムエンジニア。日本ユニシス株式会社所属。仙台在住。

Android開発はまったくやったことがないけれどIntelliJ IDEAが大好き。

Twitter: @masanobuimai

コメント

コメントの記入