使ってみよう! Bing API/SDK

第24回 地図アプリで始めるiPhone・iPadアプリ開発(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

はじめに

iPhone・iPad向けBing Mapsのコントロール,Bing Maps iOS Controlの第2回目(iOS Controlについては最終回)です。前回はコントロールを使用するための設定からユーザーの現在地を表示するところまで紹介しました。今回は主なコントロールの機能を順に紹介します。アプリは図1のようになります。

図1 今回の目標

図1 今回の目標

今回は,次の内容を行います。

  • 地図の移動
  • 逆ジオコーディング(経緯度から住所の取得)
  • 地図の種類の変更
  • マーカーの表示

少しアプリらしくということで,共有機能をおまけでつけています。Twitterなどに投稿できればいいのですが,手短にできる内容として,表示した地図の地点をメールで送信する機能になっています。前回同様,初心者の方でも動作まではできるよう説明していますので,ぜひトライしてみてください。

ツールバーの追加

最初にアプリの画面を作ります。プロジェクトは前回の内容を参考に,自分の位置を表示するところまで作成してください。前回のプロジェクトを引き継いでも構いません。この記事でのプロジェクト名はGihyoSample2になっています。

今回はツールバーを追加します。プロジェクト名+ViewContoller.xibのファイルをクリックし,LibraryパレットからTool Barをドラッグ&ドロップします図2)⁠既に配置してある地図コントロール(Map View)の大きさを調整して,Tool BarをMap Viewの下の位置に配置します。図中のドックをドラッグすると,オブジェクトの表示がアイコンからツリー表示に変わり階層構成がわかります。また,ドックの項目をクリックやドラッグによっても,画面上のパーツを選択や階層の移動が可能です。図3のようになるよう画面を構成してください。

図2 Tool Barの追加

図2 Tool Barの追加

図3 アプリの画面構成

図3 アプリの画面構成

ツールバーのボタンも追加します。ツールバー上にBar Button Itemをドラッグ&ドロップします図4)⁠Fixed Space Bar Button Itemを追加すると右寄せの配置も可能です。

図4 Bar Button Itemの追加

図4 Bar Button Itemの追加

InspectorパレットのAttributesタブをクリックして,各ボタンのタイトルを変更します。各ボタンをクリックして,Title図5のように変更します。

図5 ボタンのタイトルの変更

図5 ボタンのタイトルの変更

それぞれのボタンは次の機能を割り当てます。

  • Me: 現在地の表示
  • RevGeo: 逆ジオコーディング
  • Mode: 地図の種類の変更
  • Pin: マーカーの表示
  • Share: メールの送信

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入