Aptana JaxerでサーバサイドJavaScriptを始めてみよう!

第5回 Amazon EC2でJaxerを動かす!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Jaxerアプリケーションの公開

前回までで,簡単なJaxerアプリケーションを作成するところまでを解説しました。

さて,せっかくアプリケーションを作ったのなら,公開してみたくなるものです。とはいえ,日本のレンタルサーバは,Javaが利用できなかったり,PerlやPHP,Pythonには対応していても,バージョンが古かったり,CGIモードでしか動作しなかったり,プラグインが自由に利用できなかったりと,不自由な点が多く,Jaxerのような新しいプロダクトを利用できる環境はなかなか見つかりません。

自分でサーバを構築して運営する

第1回目の連載の中で,Linux版の対応がまだと書きましたが,先日ついにLinux版のJaxerが公開されました。そしてそれに併せて,Amazon EC2でJaxerを動かす方法も公開されています

Amazon EC2とは,米Amazonが展開するWeb Serviceの一つで,サーバインスタンスを動かした時間とネットワークを利用した通信量で課金されるサービスです。このサービスの概要については,WEB+DB PRESSのvol.43にて,musuidriveこと増田さんが詳しく解説されています(私もこれを読んで勉強しました)。

今回は,Amazon EC2でJaxerサーバを起動する方法を解説します。

Amazon EC2 の概要や,課金体系の詳細などについては,本内容には含めませんWEB+DB PRESSのvol.43の記事を参考にしてください)。

Amazon EC2を利用するための準備

Amazon EC2を利用するために,以下の2点を用意しましょう。

  1. Amazon Web Serviceのアカウント
  2. Firefox および FirefoxのAmazon EC2 Firefox Extension

まず,Amazon Web Service(以下,AWS)のアカウントを取得します。AWSのサイトへアクセスし,画面右の"Sign up now"リンクから,ログイン/ユーザ登録画面へアクセスします。

画像

ユーザ登録をする場合は,"No,I am a new customer."のラジオボタンを選択し,Continueボタンをクリックします。

画像

後は,画面の指示に従って,必要な項目を入力していきましょう。

続いて,Firefoxを用意します。Firefoxを起動し,インストールするプラグインのページを表示します(※プラグインはForefox 3には対応していないようなので注意しましょう)。画面中のDownload URLのところに指定されている,.xpiファイルのリンクをクリックすると,プラグインのインストールの許可を求められるので,インストールを実行しましょう。

以上で準備は完了です。

アカウントのセットアップ

Firefoxのメニューの「ツール」「EC2 UI」を選択します。

画像

すると,EC2 UIの画面が表示されます。

画像

画面左上の「Credentials」をクリックすると,AWSのKeyを入力するポップアップが表示されます。

画像

ここに,アカウント名および,ユーザ登録した際の「AWS Acess Key」「AWS Secret Access Key」を入力して,「Add」を選び,ウィンドウ下部に名前が追加されたら「Close」をクリックします。

これで,EC2 UI からAmazon EC2を利用できるようになりました。

著者プロフィール

栗栖義臣(くりすよしおみ)

TIS株式会社 主任。鹿児島県出身。大阪大学大学院工学研究科にて原子力工学を専攻。卒業後,TISで主にJavaの開発案件に携わる。 SUN × Recruit主催のmash up award 2ndにて「サグール賞」「きざし賞」「特別賞」を受賞(asso-ball.networdarium.net)。iGoogleガジェットコンテストで「特別賞」を受賞(U.T.)。ブログは「でぃべろっぱーず・さいど」。

URLhttp://dev.chrisryu.com/

コメント

コメントの記入