Redmineを運用するためのイロハを身につけよう

第6回 よりよいパフォーマンスを求めて ~WEBrickからlighttpdへ~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

本連載も第6回を迎えましたが,第5回まではどちらかというとRedmineの業務機能面をメインに紹介してきました。今回からはシステム運用担当者向けに,Redmineを題材としてRuby on Railsアプリケーションをどうシステム運用・構築するかといった部分に観点を向け,役立つ情報をご紹介したいと思います。

とはいっても,システム運用という言葉は非常に広義で,本格的に行おうとすると様々な観点がありますが,今回は主にパフォーマンス(性能)向上に話を絞って進めたいと思います。

Redmineをより良いパフォーマンスで動かすためには

Redmineを開発プロジェクト等で利用される方も多いかと思います。
特にRedmineは複数プロジェクトに対応したバグトラッキングツールですので,使い方によっては数多くのユーザからアクセスされるシステムとなります。
なので,個人用途で使う場合はそれほど気にしなくても良いのですが,多くの人数で使う場合は,それなりに性能面・安定面に気を遣いながら運用する必要があります。

本連載第1回目の環境構築では,お手軽にRedmineを動かすまでの方法を紹介しました。
その状態から,システム面で手軽なステップアップを実施するとしたら以下の3点です。

  • Rails2.0系へのバージョンアップ
  • 軽量Webサーバの導入
  • DB(MySQL)サーバのチューニング

Rails2.0系へのバージョンアップ

Railsのバージョン2.0系では,全体的にパフォーマンスの改善が行われています。特に2.0からはセッション情報をCookieに持たせることが可能で,この方法を使うことでさらに良いパフォーマンスを引き出すことが可能です。

Redmineの公式サイトでもRails1.2とRails2.0のパフォーマンス比較表が公開されていますが,単純平均で約2割程度,性能向上が向上しているという結果が出ています。
尚,本件については,筆者のブログでも簡単に日本語で紹介※1していますので,興味のある方はご参考までにご覧ください。

Rails2.0の導入方法に関しては,本連載第4回のプラグイン利用の準備部分で紹介しています。ちなみに,最新バージョンである0.7系のRedmineには,Rails2.0が付属しています。

※1)

軽量Webサーバの導入

Rubyに標準で付属しているWeb/APサーバである"WEBrick"は,手軽に動かすことが可能で,開発時に動作確認として使うのに向いていますが,大人数で利用するには特に性能面が物足りません。
そこで,性能を向上させるべく,今回の記事では,以降この軽量Webサーバの導入方法について解説を行いたいと思います。

DB(MySQL)サーバのチューニング

利用ユーザ数やデータの格納数が増えてきた場合は,ハードウェアのスペックにあわせてDB(MySQL)サーバのパラメータを変更することで,場合によっては大きくパフォーマンスが改善されると思います。
MySQL等,DBサーバのチューニングに関しては,様々な書籍やWeb上で情報が公開されていますので,そちらをご覧ください。

他には・

負荷量が大きく,リクエストを捌けない状態になってくると,別途,状況にあわせたWeb/APサーバのパラメータ変更や,ハードウェア構成の変更(スケールアップ,スケールアウト)を検討する必要があります。
本件に関しても,様々な書籍やWeb上で情報が公開されていますので,そちらをご覧ください。

軽量Webサーバであるlighttpdを使う

Ruby on Railsの実行環境は,"WEBrick"の他にもいくつかの選択肢があります。
よく知られているのは,Webサーバの代名詞的な存在である"Apache"にFastCGIモジュールをあわせて使う方法や,RubyとCで実装され高速性が売りである"Mongrel",そして今回紹介する,CPUやメモリの使用量を少なくし高速な軽量Webサーバと呼ばれる"lighttpd"を使う方法の3つです。

今回は,その中の1つlighttpdについてご紹介したいと思います。
lighttpdは,前述の通りApacheやIIS等のWebサーバと比べ軽量でかつ高速なWebサーバであるため,静的コンテンツの配信に向いているとされ,さらにCGIやFastCGIといった外部プログラムのインターフェースもサポートされているため,Ruby on RailsやPython(Django等),PHPなどを使ったWebアプリケーションの運用サーバとして注目を集めています。

海外でも,YouTubeの動画配信サーバ,WikipediaコモンズやMySpaceのアップロードサーバ,開発者にはおなじみのSourceForge.netなど,数多くの大規模Webサイトでの使用実績があります。

この構成では,CSSやJavaScript,画像などの静的コンテンツは軽量なlighttpdで全て返させて,動的コンテンツはFastCGIを介してRuby(Rails)に処理させることで高速化を図っています。Mongrelでも同様のことを行おうとすると,別途フロントにWebサーバを立てる必要があります。
このあたりの選択については,細かい性能差を気にするよりは,担当者の運用のしやすさを基準に選ぶのも良いかと思います。

では,早速lighttpdを導入する手順を紹介したいと思います。

著者プロフィール

安達輝雄(あだちてるお)

TIS株式会社勤務。入社してすぐにRuby on Railsと出会う。現在はJRubyやXenなどOSSを中心に調査・検証をおこなっている。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/interu/


並河祐貴(なみかわゆうき)

TIS株式会社 基盤技術センター所属。オブジェクト指向開発,開発環境・ツール整備に従事した後,近年はRuby on Railsを中心としたオープンソース系ミドルウェアの検証/導入や,Xenなどのサーバ仮想化技術をターゲットに取り組んでいる。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/rx7/

コメント

コメントの記入