モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第43回 ネガティブを[吐き出し切って]チームを一気に未来志向へ(安全設計2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前々回第41回からお伝えしている「ネガティブな気持ち」を吐き出すための「事前の安全設計」とは次の2つでした。

  • [1]参加者の目線は常に未来に向けさせること(見失いやすいので話し合いの最中,何度も)
  • [2]参加者の抱えているネガティブな気持ちを吐き出し切らせてあげること

前回[1]参加者が常に「未来目線になれる問い」を掲げることで,安全安心な土台をつくりました。今回はいよいよ思い切り[2]ネガティブな気持ちを「吐き出し切る」方法について紹介します。

1)吐き出し切るまで「待てない」:主催者心理

前々回から,ネガティブな気持ちは「吐き出し切れると止まるんです」⁠吐き出し切れると速いんです」と言いました。⁠吐き出し切れる」まで「待てる」なら,結果的に会議全体の時間を「短縮」できることは確かです。

画像

しかし,多くの会議では吐き出し切れるまで「待てない」で,結果ネガティブループにハマっていました。せっかく吐き出されてきたのに途中で遮ってしまったり,結論を急いでまとめに入ってしまったり。4時間もあるのに「吐き出し」には1時間しか割かず,残り3時間はアクションプランを考える時間に当ててしまったり。

確かに「吐き出し切れたら止まる」と言われても,⁠待てない」気持ちはよくわかります。そもそも「止まる」なんて思ってもなかったところで,吐き出し切るまで一体どのぐらい時間がかかるのか。愚痴や不満ばかりで収拾つかなくなるのではないか。主催者なら不安にもなるでしょう。でも安心してほしいのは,まず「ネガ」とは実はそれほど種類がないのです。吐き出せば吐き出すほど集約されてくるのです。

例えば,ある会社では「人事制度の不満」ばかりを絵にしていました。⁠評価方法に納得がいかない」とか「頑張っても正当に評価されえていない」という内容です。一方,別の会社では「親会社に対する不満」の絵ばかり描いました。⁠親会社にお伺いを立てないといけない」とか「親会社がしない小さい仕事を回されている」とか。

日々いろんな不満を描いているわたしとしては「他にも違った不満の絵が描けてもよさそうだけど…」と思うわけですが,でもこれが「ネガのいいところ」です。愚痴や不満の絵は,実はそれほど種類がないのです。それどころか,その会社や組織にしか描けない絵なので,その会社らしさ,個性を教えてくれます。

ネガを吐き出さず,表面的にポジティブな会話から描ける絵は,たいてい他の会社でも描いたことのある,ありきたりな絵です。個性はなかなか見えてきません。それに比べたら,その会社にしか描けないネガな絵は,裏を返せば「本当はこうしたいの!」というその会社らしさを確認できる,本当にポジティブな「ハート」が見つかる(描けてくる)チャンスでもあるのです。

ネガが止まるまでに「どのくらい時間がかかるか」は正直読めません。けれど,じつは吐き出し切るまでにはどの会議も「ある2つのステージで時間がかかる」ことが見えてきました。そしてそこに事前に手を打つと時間を短縮できることがわかってきました。主催者の方にそのことを伝えると,ほとんどの方が「待てる」ようになるため,それについてもう少し詳しく紹介します。

2)なかなか「吐き出しきれない」:参加者心理

「吐き出し切る」までには,参加者が次の「2つのステージ」で時間がかかることが見えてきました。

  • ①「ネガティブな気持ち」を吐き出し始めるまでに時間がかかる
  • ②「ネガティブな気持ち」を一旦吐き出せると,今度は止まらなくなる

この①と②は,主催者が時間が読めず「待てなくなる」2つのステージとも言えます。 絵にすると次のようなイメージです。名付けて「モヤモヤ吐き出し曲線」⁠

画像

グラフの中の絵は「ナベブタ」です。だれもが本当の気持ちを抑え込む「ナベブタ」というものを持っていて,特に「モヤモヤしたネガティブな気持ち」を重たいナベブタで閉じ込めているというのが①です。そして,フタがやっと開いたと思ったら,今度は溜めこんでいたモヤモヤした気持ちがあふれだして,フタが閉まらなくなってるのが②です。②の先に「吐き出し切ったら止まる」が待っているのですが,多くの主催者はそんな体験をしたことがないのでまず待てません。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入