Re:PoIC~ライフハッカーのためのPoIC入門

第2回 PoIC入門~PoICの始め方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

PoICの最初の壁

第2回目はPoICの始め方と続けるための工夫,そして若干の失敗についてお話しします。

PoICを始めるにはカードをひたすら書き,ドックに貯めること以外ありません。何故なら,PoICでは,カード情報が一定量以上になって初めて見えてくるものがあるからです。その初期においては,質よりもまず量をとにかく優先することになります。

PoIC考案者であるHawk氏はコレクト社のMDF製のカードボックスを,カードを蓄積するためのドックとして使用しています。このカードボックスひとつで情報カードがおよそ1000枚は収納できるそうです。やはり,このカードボックスひとつが満たされるほどのカードが蓄積されなければ,PoICの本領は発揮されないのだと思います。

しかし,それだけの量が貯まる間,ただひたすらカードを書き続けるのは非常に苦痛です。

1000枚貯まるまでカードを書き続けることが続くのだろうか,あるいは,1000枚に到達したところで本当に役に立つのだろうか,といった心配が尽きない,あやふやなゴール(実はスタートラインなのです)に向けて,ただひたすらカードを書き貯めていくというのは,ある種,精神修養のような状態で,不屈のモチベーションが必要なのではなかろうとか不安になってしまいます。

こうした精神状態がPoICの最初の壁であり,手を出しにくさを感じさせる原因なのではないのでしょうか。

最初の一枚

PoICマニュアルでは,最初の一枚は日記から書くと良いと記されていますが,これは「その日の最初の一枚」であり,PoICの最初の一枚のことではありません。PoICの最初の一枚目に書くことは,「今日からPoICを始める」ですが,問題はその次の実質的な最初の一枚です。

正直に告白すれば,僕はPoICを始めようと思ってから,実際にカードを書き始めるまでに,およそ一か月ほどのブランクがあります。というのも,Hipstar PDA以外の情報カードの使い方になれていなかったので,京大式カードよりも小さい5×3インチサイズとはいえ,一件一枚の原則がとてももったいなく思えたためです。また,本当にPoICが役に立つのかどうか判らず,大量に書き貯めたカードが,無駄になるのではないかという不安が払拭しきれなかったからです。

最初の一か月間は,情報カード100枚の束を鞄に入れたまま,毎日取り出しては何も書かずにしばらくもてあそび,また戻すということを繰り返していました。そのカードの束の四隅が少しへたってきた頃,やっと(実質的な)最初の一枚を書き出すことが出来ました。

最初のカードに書かれたもの,それは今日使った分のお金の記録。つまり家計簿でした。役に立つのか判らないので不安というのなら,最初は役に立つ情報を集めていけばよい,というわけです。

インスタントPoIC

PoICが使い物になるかどうか判らないなら,使えるデータから収集していけば良い,という結論を得た僕は,家計簿から始めることにしました。PoICを始めたばかりで,情報カードの使い方に戸惑っている時には,文章よりも数値データなどを書いていった方が良いと思います。文章よりも書くことに対する心理的障壁がかなり低くなります。

僕は,その日に使った分の金額のうち,レシートを貰えないものを野帳に記録し,それを毎晩カードに転記し,一週間ごとにMac上の家計簿ソフトに入力していくことを始めました。これですでに小タスクフォース※1を編成したことになります。ただし,これは小タスクフォースなので,転記したカードはドックの元の位置に戻すことが肝心です。

どうせデータを記録するならば,毎日記録した方が良いデータから始めると効率的です。家計簿のほかに,例えば体重の増減,昼食のメニュー,たばこの本数,飲酒の量,ガソリン給油量,かかった病院と処方された薬などです。これらはすべて定点観測された多変量データと言えます。

家計簿,昼食のメニュー,体重の記録の3枚を毎日記録していけば,一か月で100枚近くのカードが貯まることになります。これだけで,それぞれ関連する立派な時系列データになっています。今日はこれだけお金を使って,これこれの昼食を食べ,体重は何キロだった,というカードを並べたストーリーを見れば「今日は高くてこってりした北京料理を食べ過ぎたな」などといった,それ相応の感想が出てきます。それもカードに記します。そうしていくことで,段々とカードに文章を書くということに対する心理的障壁がなくなっていきます。

また,毎日自分の生活をデータとして見直すことにもなり,無駄遣いや食べ過ぎ,運動不足などに思いが向き,それらの改善にもつながります。何となく思っていることでも,やはりデータの蓄積として見せられてしまうと,何とかしなくてはという思いが起こるものです。こうした振り返りの結果,いままで仕事場の最寄駅まで乗り換えて利用していた地下鉄を,乗り換えずに一駅分歩くことで,毎月の交通費が三千円ほど節約でき,なおかつ体重が(多少)減少するという効果がありました。

やがて,仕事上の文書の書式,支払い明細などと,カードに書き記すデータの範囲が広がっていきました。毎日の日記を記すのは,データに書き慣れてからでも構いません。無論,これは僕に日記を書き記す習慣がなかったと言うだけで,そうした習慣がすでにある方は,やはり日記から始めるほうがいいと思います。

※1)
タスクフォースに関してはPoIC:情報カードの積み重ね 第4回も参照してみてください。

著者プロフィール

野ざらし亭(のざらしてい)

「Blog:野ざらし亭」亭主。他人のアイデアに相乗りする自称知的ヒッチハイカー。現在 はPoICの荷台に厄介になっている。

Blog:野ざらし亭
URLhttp://scribbler.cocolog-nifty.com/

コメント

コメントの記入