gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » Linuxシステムコール基本リファレンス ──OSを知る突破口

書籍紹介

Linuxシステムコール基本リファレンス ──OSを知る突破口

[表紙]Linuxシステムコール基本リファレンス ──OSを知る突破口

2018年2月10日発売

山森丈範 著

A5判/352ージ

定価(本体2,880円+税)

ISBN 978-4-7741-9555-1

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

この本の概要

システムコールの基本にスポットを当てた初学者向けのリファレンス。LinuxをはじめとしたUnix系OSにおいて,カーネルとプログラム/プロセスの間に位置するシステムコールはAPIという性質上,互換性を保ちつつ着実に進化する部分で,プログラマにとって長く役立つ技術知識です。本書では,Cライブラリ関数やカーネルとの関係などの基礎の基礎も押さえつつ,64bit版をメインに定番および今どきのシステムコールを厳選収録。Linux/FreeBSD/Solaris互換の実機で試せるサンプルコードを満載し,現場で使える1冊をお届けします。

こんな方におすすめ

  • Unix系OSのシステムコールについて学びたい方
  • サンプルコードを通じてシステムコールの動作を確認してみたい方
  • OSがどのような仕組みで動いているかにご興味のある方

本書で前提とする基礎知識について

本書では,Linux,FreeBSDまたはSolarisを使用し,C言語のコンパイルができる方々を想定し,解説を行っています。

本書の動作確認環境

本書では,以下のそれぞれ64bitと32bit両方で動作確認を行いました。

  • Fedora 27
  • FreeBSD 11.1-RELEASE
  • Solaris 11

上記と異なる環境においては,本書での説明内容や動作等が異なる場合があります。

著者プロフィール

山森丈範(やまもりたけのり)

大学時代にUNIXを触って以来,仕事でも個人でもUNIX系OSを使用。安くなった中古のUNIXワークステーションを自宅に買い込むなどの時期を経て,今では自作PCにLinuxを入れるスタイルに落ち着いているというプログラマ。C言語,シェルスクリプト,アセンブラでのプログラムを好む。著書に『[改訂第3版]シェルスクリプト基本リファレンス』『ゲームで極めるシェルスクリプトスーパーテクニック』(いずれも技術評論社)がある。

コメント