Oracle OpenWorld 2010現地レポート ~JavaOneの新たなステージ

新しいJavaOne―JavaOne 2010レポート(その1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2010年9月20日から4日間にわたってサンフランシスコで開催されたJavaOneは,オラクルが主催する初めてのJavaOneとなりました。今回のJavaOneはJavaにとって転機となるカンファレンスであったと感じます。

そこで,JavaOneのフォローアップとして,2回にわたり筆者が感じたJavaOneをレポートしていきます。今回は,JavaOneの様子とTechnical General Sessionのレポート,次回はJava SE 7/8の主要な技術とJavaFXについて紹介していきます。

JavaOneツアー

今年のJavaOneはOracle OpenWorldとの同時開催ということになりました。同時開催ということで,今までのJavaOne,OracleWorldに比べると参加者が格段に増えています。

OpenWorld開催前日のキーノートにおいて登録者が41,000人であったことが発表されました。すべての登録者が参加しているわけではないはずですが,それでも世界最大の開発者会議であることは確かです。

このように多くの人が集まるため,OpenWorld/JavaOneはMoscone CenterのNorth,South,Westだけでは収まりきらず,Hilton,Hotel Nikko,Parc 55の3つのホテルも会場として使われています。

図1 Moscone West

図1 Moscone West

OpenWorldがMoscone Center,JavaOneがHiton,Hotel Nikko,Parc 55を会場としています。

しかも,Moscone NorthとSouthの間のHoward Streetと,HitonとHotel Nikkoの間のMason Streetを封鎖し,テントを設置しています。このテントは期間中ずっと設置したままになっており,ラウンジとして利用されていました。

図2 Howard Streetに設置されたテント。右側の建物がMoscone South,左側がMoscone North

図2 Howard Streetに設置されたテント。右側の建物がMoscone South,左側がMoscone North

図3 Mason Streetに設置されたテントの内部

図3 Mason Streetに設置されたテントの内部

Mocone CenterとJavaOne会場のホテルは歩いて10分ほどの距離にあるため,その経路となる歩道には道案内がいたるところに貼られています。

図4 歩道に貼られた道案内

図4 歩道に貼られた道案内

Moscone Northのロビーにはヨットのアメリカスカップのトロフィーが飾られています。これ以外にも,優勝したBMW Oracleレーシングのヨットの模型などが飾られており,ITのカンファレンスとはちょっと違う雰囲気を醸しだしています。

図5 アメリカスカップのトロフィー

図5 アメリカスカップのトロフィー

このトロフィーが飾られている地下でほとんどのキーノートが行なわれました。地下に降りる階段のところには,Larry Ellison氏も出演したアイアンマンが飾られています。

図6 アイアンマン

図6 アイアンマン

キーノートの会場は図7に示したように非常に広大なホールを使用します。

図7 キーノート会場

図7 キーノート会場

図8 キーノートでプレゼンテーションを行うLarry Ellison氏

図8 キーノートでプレゼンテーションを行うLarry Ellison氏

著者プロフィール

櫻庭祐一(さくらばゆういち)

横河電機に勤務するかたわらJava in the Boxにて新しい技術を追い続けています。JavaOneは今年で11年目。名実共にJavaOneフリークと化しています。

コメント

コメントの記入