海外PyCon発表修行レポート2015

第2回 PyCon SG 2015参加レポートとSphinxに関する発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

清水川です。

2015/6/17(水)~6/19(金)にかけて,シンガポールでPyCon SG 2015が行われました。PyCon SGは毎年シンガポールで行われるPythonカンファレンスで,今年で6年目です。シンガポールは,APAC(アジア太平洋)地域のPythonカンファレンスPyCon APACを初めて開催した国です。PyCon APACは2010年から2012年までの3年間はシンガポールで開催され,2013年には日本で,昨年と今年は台湾で開催されました。

筆者はこのイベントでPyCon APAC 2015と同様に,Sphinxの多言語化機能を紹介する発表を行ってきました。本記事では,PyCon SG 2015の様子について紹介します。また,このカンファレンスでの筆者の発表と,発表プロポーザルの書き方について筆者が気に掛けた点について紹介します。

参考リンク
第1回 PyCon APAC 2015 in TaiwanでのSphinxに関する発表:海外PyCon発表修行レポート2015
台湾で開催された「PyCon APAC 2015」参加レポート
Sphinxの公式ドキュメント(日本語)
Sphinx-users.jpサイト
Software Design 2015年4月号「Sphinxで始めるドキュメント作成術」

シンガポールってどんなところ?

シンガポールは東京から直行便で7時間,時差は1時間です。筆者はシンガポールのチャンギ国際空港に17時半に到着しました。空港から市街地まで旅行会社の送迎で1時間ほどかかりました。18時頃は帰宅ラッシュで道路はだいぶ混雑していました。

シンガポールのタクシーは日本よりもずっと安く,ちょっとした移動に便利です。しかし,朝と夕方のラッシュ時は料金25%増し,21時以降朝までは50%増しだそうです。筆者はカンファレンス会場への行き来など,ラッシュの時間帯に移動することが多かったため,主にMRT(シンガポールの地下鉄)を利用しました。

写真1 MRTのチケット。ペラペラの紙に電子タグが入っています

写真1 MRTのチケット。ペラペラの紙に電子タグが入っています

MRTの料金は距離によって変わります。チケットは紙のカードで,中に電子タグが入っていて,このチケットに切符の購入情報を記録して何度も使います。券売機で最初に買うときには10セントのデポジットを支払いますが,3回目に乗るときに10セント還元され,6回目にはさらに10セント割り引きになります。6回使うか,発券から30日経過するとこのカードは使えなくなります。

シンガポールでのインターネット通信のために,筆者は空港でSIMカードを購入しました。シンガポールにはSingTel,Starhub,M1という3つの通信キャリアがあります。入国審査後の銀行でお金をシンガポールドル(SGD)に換金した際に,銀行で売っていたSingTelのSIMカードを購入しました。30SGDで10日間,通信上限は通常7GBのところ期間限定で100GB利用可能でした。ちなみにこのときの1SGDは約92円でした。SIMカードは市内のセブンイレブンなどでも購入できるようです。データ通信で利用するにはSMSによる設定が必要なので,日本からPoketWiFiなどの通信デバイスを持参する場合は,SMS受信できる機器かどうか確認しておいたほうが良いでしょう。

写真2 SingTelのSIMカード

写真2 SingTelのSIMカード

シンガポール滞在中に困ったことはほとんどなく,快適に過ごせました。ただ,シングリッシュと呼ばれる,発音が独特の英語は聞き取ることが難しく,タクシーでカンファレンス会場の「シンガポール・ポリテクニック」が伝えられず,地図で名称を見せたら「アァ-,ポリテニィ」とわかってもらえたりしました。

シンガポールの気候は,1年を通して平均28℃くらいです。滞在中はスコールにも遭わず過ごしやすかったと思います。ただ,ホテルや,カンファレンス会場,MRTなど,建物の中はエアコンが強めに効いていて,少し厚めのパーカーを用意するなど,防寒対策は必須です。建物の内と外とで寒暖の差が激しいため,体調を崩さないように注意が必要でした。

もう一つ忘れてはいけないのが,コンセントの形状についてです。シンガポールではBFタイプが一般的です。日本のコンセント形状はAタイプなので,コンセントを使うには変換プラグが必要になります。電圧は230Vですが,ほとんどのノートPCの電源アダプタやUSB充電器などは100V~240Vに対応しているので,対応電圧を確認して大丈夫であればそのまま使えると思います。筆者は,変換プラグを1つと電源タップを持っていき,複数の機器の充電は電源タップ経由で行いました。

写真3 シンガポールのコンセント形状はBFタイプ

写真3 シンガポールのコンセント形状はBFタイプ

著者プロフィール

清水川貴之(しみずかわたかゆき)

ドキュメンテーションツールSphinxのメンテナ。2003年にZope2と出会い,それがオープンソース等のコミュニティー活動を始めるきっかけとなった。

Sphinx-users.jp運営。一般社団法人PyConJP理事。株式会社ビープラウド所属。

著書/訳書:「Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版」「Sphinxをはじめよう」「Pythonプロフェッショナルプログラミング」「エキスパートPythonプログラミング」。

運営・参加イベント:Python mini Hack-a-thon主催,Sphinx+翻訳Hack-a-thon主催,PyCon JP 2011-2014運営

サイト:http://清水川.jp/
Twitter:@shimizukawa

コメント

コメントの記入