海外PyCon発表修行レポート2015

第6回(最終回) PyCon Korea 2015参加レポートとSphinx発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

清水川です。

スピーカーとして各国のPyConを巡る修行,今回は5カ国目となる韓国からお届けします。

2015年8月29日(土)⁠30日(日)に,韓国のソウルでPyCon Korea 2015が行われました。

PyCon Koreaは韓国で今年2回目となるPyConです。昨年初めて開催した際には,どのくらいの需要があるのか分からなかったそうですが,400枚のチケットは想定を越える速度で売り切れ,イベントは大成功だったそうです。今回は規模を650名に拡大しましたが,参加チケットは発売から2時間で完売したそうです。来年はPyCon APAC開催を予定している韓国の勢いはすごいですね。

筆者はこのカンファレンスでSphinxの自動ドキュメンテーション機能(autodoc)について発表してきました。

韓国ってどんなところ?

東京から韓国の金浦国際空港までは2時間,時差はありません。日本から最も近い外国です。筆者は羽田発8:55の飛行機に乗り,11:20に到着しました。韓国の通貨は韓国ウォン(KRW)で,1KRW=約0.1円です。今回空港で両替しなかったため,空港でのレートは不明です。

空港から会場最寄り駅のDigital Media Cityまで,KORAIL空港鉄道(通称A'REX)で約10分です。料金は1450KRW(145円)でしたが,乗車券は片道1回分の購入でも電子カードで発行されるため,保証金500KRW(50円)が上乗せされて,合計1950KRW(195円)でした。保証金は払い戻し機で返してもらえますが,50円なので記念にカードを持ち帰ってきました。A'REXは7分から16分間隔で運行されています。今回,空港から会場までの1駅しか電車にのらなかったのですが,来年は色々な電車に乗ってみたいですね。

A'REXの乗車券と改札

A'REXの乗車券と改札

今回筆者は,PyCon韓国準備委員会の計らいで,スタッフの서재원(ソ・ジェオン)さんが車で空港まで迎えに来てくれました。空港から会場のあるNuri Dream Squareまでは車で50分ほどかかりました。

韓国での会話は,ほとんどが韓国語です。ホテルや空港など一部の施設では英語か日本語で会話ができました。車で迎えに来てくれたジェオンさんは日本への留学と仕事の経験があるそうで,日本語が堪能でした。彼以外にも,日本語を少し話せるPyCon Koreaスタッフは何人かいて,学生時代に外国語の授業で日本語を学んだのだそうです。

筆者(左)とジェオンさん

筆者(左)とジェオンさん

韓国では2013年から公共無線LANの整備を進めているそうです。今回は滞在期間が1日半ということもあり,また,ホテルと会場には無線LANがあることが分かっていたため,SIMカードを購入しませんでした。観光など,訪れる場所が限定されない場合はSIMカードの購入を検討した方が良いでしょう。

韓国の気候は日本とほぼ同じです。気温も湿度も似ている印象でした。公共の場所ではクーラーが効いているため多少羽織るものがあったほうが良いでしょう。コンセントの形状はCタイプで,ヨーロッパと同じです。ですが,ホテルでは日本と同じAタイプのコンセントも用意されていました。1つ驚いたのは,ほとんどのトイレに温水洗浄便座が付いていたことです。今回の海外PyCon参加修行で5カ国に行きましたが,温水洗浄便座が付いているのは韓国だけでした。

著者プロフィール

清水川貴之(しみずかわたかゆき)

ドキュメンテーションツールSphinxのメンテナ。2003年にZope2と出会い,それがオープンソース等のコミュニティー活動を始めるきっかけとなった。

Sphinx-users.jp運営。一般社団法人PyConJP理事。株式会社ビープラウド所属。

著書/訳書:「Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版」「Sphinxをはじめよう」「Pythonプロフェッショナルプログラミング」「エキスパートPythonプログラミング」。

運営・参加イベント:Python mini Hack-a-thon主催,Sphinx+翻訳Hack-a-thon主催,PyCon JP 2011-2014運営

サイト:http://清水川.jp/
Twitter:@shimizukawa

コメント

コメントの記入