RubyKaigi2009 スペシャルレポート

Ruby会議2009運営委員長,角谷信太郎さんインタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

2009年7月末日,都内某所。RubyKaigi2009を無事に終えて一息ついた運営委員長の角谷信太郎さんに,今回のRubyKaigi2009についてインタビューさせていただきました。また,偶然居合わせた実行委員の島田浩二さんにも同席いただきました。

角谷さん

角谷さん

RubyKaigi2009

──さっそくですが,質問させていただきます。RubyKaigiについて,去年までと大きく変わったと感じた点はどこでしょうか。

角谷「まずは国際化です。本格的に世界のRubyistを相手にしてみたというのが最大の変化です。規模もRubyKaigi史上最大です。といっても毎年史上最大規模なので,これは変わっていない点なのかもしれません。あと,正式にマルチトラックを採用したことです」

──開催規模は,例年より大きくするという意志はあったのでしょうか。

角谷「ありました。実行委員長である高橋さんの思いは『来たいと思っている人がチケットが売り切れで来られないのはよくない』なので」

国際化

──「国際化」についてお聞かせください。RubyKaigiの運営チームとして,国際化のためにどのようにアプローチしたのですか。

角谷「以前から話だけは出ていたんですが,自分たちの心の準備ができていなかった。ところが昨年のRubyKaigi2008は,何件か海外から発表応募があったり,参加者にも日本に住んでいる日本人じゃないRubyistの姿が見られるようになった。これはDave Thomasはじめとして海外の大物Rubyistが応援してくれたからだと思います。さらに,昨年遊びに来てくれたChad Fowlerからは来年はもっと,海外からの参加者がくるといいねとも言われました。これは半分冗談だったとは思うのですが,具体的な数値目標を一緒にもらいました。『50人』と。なので,2009は日本以外でも本気を出して宣伝しました。私はRubyConf2008のライトニングトークで,レオシドニーで,高橋さんは台湾で宣伝してきました。おかげで,まつもとさんEuRuKo2009でRubyKaigiへの参加について訊かれたみたいです」

角谷「それにRubyConfに2回参加して確信したのは,発表の質に関してはRubyKaigiはRubyConfに負けてない。だったら,海外のRubyistにRubyKaigiのことも知ってもらいたい,という思いもありました」

──英語の発表は本当に多かったですね。

角谷「RubyKaigiのセッションは基調講演以外はすべて公募なのですが,まさかあんなにたくさん海外からの応募が来るとは思ってませんでした」

──海外発表の配置,セッションの組み方で苦労した点などあればお聞かせください。

角谷「セッションの配置を考えるのは楽しいのであんまり苦労はありません。幸いなことに応募がたくさん来たため,リジェクトしないといけないのが心苦しかったのですが,これは贅沢な悩みですね。結果的に海外からの発表応募がたくさんあったので,海外から来た人たちが日本語が分からなくても楽しめるようにも組めました」

──なるほど。発表者ではない,海外からの一般参加者もケアしたんですね。

角谷「そうです。ただ,英語と日本語のセッションを分けすぎたかな,という反省はあります。日本人で『英語だからいいや』と敬遠した人もいるだろうし,逆に海外からの参加者が『日本語だからいいや』と思ったかもしれない。もうちょっと混ぜたほうがよかったかもしれません」

──英語の発表をセッション単位でまとめておくと,レオさんがメインで担当してくれている通訳のお仕事はやりやすいですよね注1)。

角谷「それはあるとは思いますが,通訳中心でプログラムを編成するのは本末転倒だと思います。今年だってレオが不在の英語セッションはあったし。そういうときは,他の英語ができるスタッフや会場の参加者がフォローしてくれてました。こういうのは素敵だな,と思います」

注1
レオさんは当日,IRCを利用して,セッション中の随時翻訳を担当しました。

──スライドに日本語訳を載せてくれているものも多かったですよね。あれは助かりました。

角谷「あれはスライド翻訳のボランティアを募集してお願いしたり,手が回らないところは実行委員がやってくれました」

──おお,そうでしたか!感謝ですね。

角谷「今後は海外の発表者に日本人の発表の内容をもっと伝えられるようにもしていきたいです」

セッションについて

──RubyKaigi2009のセッションの内容はいかがでしょうか。

角谷「RubyKaigiのセッションって,現場ではほとんど聞けないんですよね。毎年聞けるのは最後の基調講演ぐらい。それも聞けないスタッフもいますし。RubyKaigi参加してみたい! どのセッションを聞こうか迷ってみたい(笑)」

──セッションを組む上では,どのようなことを意識されましたか。

角谷「今年のプログラム編成で意識したのは,RubyKaigiが『日本Rubyの会』とつながっているプロジェクトだということです。るりまるびまRegional RubyKaigiとか,日本Rubyの会のプロジェクトの変化についての話を入れました。青木さんからの指摘の反省を活かしたつもりです」

角谷「実はプログラム委員長の笹田さんは,テーマが『変える/変わる』だということを忘れていた(笑)。でも,まつもとさんと高橋さんがキーノートでテーマを意識した話をされたので,それが要になって全体がつながっていたと思います。さすが基調講演」

企画部屋

会場内には,自由に企画を行うことができる企画部屋という場所だけが確保されていました。「Kaigi」らしく,いくつかの会議が催されました。

田舎Ruby親方会議

「地方でRubyで仕事をしている個人事業者,または同じくらいの規模の法人経営者の情報交換の場」として「田舎Ruby親方会議」(Twitterのハッシュタグは#inakaoyakataが開催されました。

──田舎Ruby親方会議は,ずいぶんと盛り上がったようですね。

角谷「田舎Ruby親方会議は,参加者の満足度がすごく高かったようです。自分の心配事とか,想いを吐き出せたからですかね? Rubyでゴハン食べたいって人がどうやって自分の想いやスキルをお金にしていくのかを考える場を提供できたというのは運営側としてはとても嬉しいです」

島田「ただ,こうした企画に参加される皆さんはセッションも聞きたいので,休憩時間に集まらざるをえない。そこはもっと工夫したいと思ってます。例えばOSC(オープンソースカンファレンス)は,休憩時間を長めに設定して人が自然にブースに流れるようにしてます。RubyKaigiでも,参加される皆さんがもっと自分たちの会議を開けるような工夫をしていきたい」

島田さん(左)と角谷さん(右)

島田さん(左)と角谷さん(右)

Regional RubyKaigi会議

RubyKaigi2008の終了以後,日本全国の各地で開催されているRegional RubyKaigiに関する会議「Regional RubyKaigi会議」が開催されました。

──Regional RubyKaigi会議で,角谷さんが受け取ったものはなんでしょうか。

角谷「とにかくそれぞれのRegional RubyKaigiに運営なり発表なりで関わった人が,全開催分集まったというのが感慨深い。私は関西Ruby会議01以外はすべて参加したのですが,そこで感じた『同じRegional RubyKaigiと名前がついているけれども,それぞれ全然違う』ということを共有できたことがよかった。あと,『去年はすごく盛り上ったけど,これからどうしていきましょう』という私の悩みを聞いてもらえたこともよかった。悩みもそれぞれ全然違うんですよね。特に,東京と東京以外とでは全然違う。地方ごとでの違いと,違いを踏まえたうえでRubyistとしてどうつながっていくかを考えるきっかけになったんじゃないかと思ってます」

──RubyKaigiがなかったら,こうやって集まることもできないわけで,RubyKaigiの『場所』としての役割は大きいですね。

角谷「そうですね。そういう場として育ってきているというのは,すごく素敵だと思います」

著者プロフィール

大和田純(おおわだじゅん)

ハンドルネームはjune29。RubyKaigi2009当日スタッフ(KaigiFreaks)。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebクリエイタ。北海道出身。技術が人々の生活をどのように豊かにしていくかを考えるのが楽しくて,新しいものはどんどん日常に取り入れてみる。好きな言語はRuby。尊敬する漫画家は荒木飛呂彦先生,好きな擬音語は「メギャン」。

URLhttp://june29.jp/


白土慧(しらつちけい)

ハンドルネームはkei-s。RubyKaigi2009当日スタッフ(KaigiFreaks)。

ディスカバリーエンジン「デクワス」を開発・運用中のサイジニア株式会社勤務のWebエンジニア。札幌市出身。大学時代にWebと複雑ネットワークの楽しさを知る。人と情報のつながりを考えるのが好き。好きな言語はJavaScriptとRuby。好きな小説家は舞城王太郎。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/kei-shttp://friendfeed.com/keis

コメント

コメントの記入