レポート

「第31回 HTML5とか勉強会 ~JavaScriptによるMVCフレームワーク」活動報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

7月11日,第31回目の「HTML5とか勉強会」mixiさんのオフィスをお借りして開催しました。 今回のテーマは前々回前回に続くフレームワーク特集として,JavaScriptによるMVCフレームワークをテーマにセッションが行われました。

本稿では,今回のイベントについてレポートします。

画像

Backbone.js

はじめに,NHN Japan清水大輔さんより,Backbone.jsの特徴や使い方について,講演いただきました。

画像

講演ではMVCの基礎と使うにあたっての考え方,Backbone.jsの詳細な使い方などを紹介しました。

最近ではHTML5やブラウザの高速化に伴い,Webアプリ上でもネイティブアプリに近いUXの実現が可能になってきています。特にJavaScriptで複数のViewを切り替えるようなアプリでは,コードが複雑になりがちです。その際,Backbone.jsなどのMVCフレームワークを使うことでより高品質で保守性の高いコードが書けるようになるのではないかと述べていました。

Backbone.jsの特徴としては軽量であること,豊富なAPIが用意されていることを挙げていました。また,Backbone.jsに関係するライブラリについても触れていました。

Bakcbone.jsに依存関係があるUnderscore.jsはJavaScript用のユーティリティライブラリで,多くの便利な関数を提供してくれるため,Backbone.jsを使わないとしてもUnderscore.jsは単体で使う価値のある非常に便利なライブラリだと紹介しました。

講演資料はこちらになります。

Spine入門

つぎに,Acroquest Technology村田賢一郎さんSpine.jsについて講演いただきました。

画像

講演ではSpine.jsの3つの特徴を挙げ,Spine.jsの使い方をわかりやすく紹介しました。

  • SimpleなMVCモデルアーキテクチャ
  • Lightweightなフレームワーク
    • ライン数:約500行
    • サイズ:約7kb
    • 依存ライブラリがない
  • CoffeeScriptを使用している
    • Javaエンジニアにとっては簡潔でわかりやすい記述

Spine.jsはHemという開発用サーバ&依存関係管理ツールを使うことで簡単にデバッグが行えるとのことです。*.coffeeや*.stylといったファイルをJavaScriptとCSSに変換してくれたり,ファイル更新の監視によってサーバを再起動することなく自動で反映してくれたりと,開発が非常に楽にできると紹介しました。

講演資料はこちらになります。

著者プロフィール

中島直博(なかじまなおひろ)

DMM.com Labo所属。

html5j/HTML5とか勉強会スタッフ。

フロントエンドエンジニアとして主にスマートフォン向けサービスの開発に従事。ツチノコの巣に迷い込んだひよっこ。

twitter:@nakajmg

コメント

コメントの記入