レポート

Hadoopが変えるデータとヒトへのアプローチ ―「Hadoop Summit 2016 Tokyo」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

10月26,27日の2日間,東京・新宿ヒルトンにおいてホートンワークスジャパン主催のカンファレンス「Hadoop Summit 2016 Tokyo」が行われました。Hadoopカンファレンスとしてはグローバルでもっとも規模の大きい「Hadoop Summit(主催: Hortonworks)」の初の東京開催であり,国内ではめずらしい有料のITイベントということもあって,業界関係者からはその成否が注目されていたカンファレンスでもあります。本稿ではこのイベントの全体像を振り返りながら,IT,そしてビジネスの世界におけるHadoopの位置づけをあらためて考えてみたいと思います。

画像

Hadoop Summit Tokyoとは

gihyo.jpの読者であればご存知の方も多いでしょうが,あらためてHadoop Summitというカンファレンスについて簡単にその概要を紹介しておきます。

Hadoop Summitは,米Hortonworksが米サンノゼをはじめ,欧州,オーストラリアなど世界各地で年に数回開催する,Hadoopコミュニティのためのカンファレンスです。Hadoopのイベントとしては世界最大級で,技術とビジネスの両方の側面からHadoopの最新事情に触れることができます。とくにHortonworksの本拠地である米サンタクララにほど近いサンノゼで毎年6月に開催される「Hadoop Summit San Jose」は年々規模が拡大しており,2016年は世界36ヵ国から4000人を超えるHadoop関係者が集結しています

このHadoop Summitが今回はじめて東京で開催されると聞いたとき,筆者は正直かなり驚いたことを覚えています。米国のITカンファレンス,とくに参加者が数千人規模で期間も2日間以上の場合は有料であることがほとんどで,参加費用はひとりあたり10~20万円ほどかかります。もちろんサンノゼのHadoop Summitも同様です。

一方,日本国内ではこのレベルの有料カンファレンスはほぼ皆無で,大手海外ベンダが主催する数千人規模のイベントであっても参加費は無料であることがほとんどです。そうした中,2日間で最低価格3万2000円からの設定での有料カンファレンス,しかもHadoopという参加者をかなり限定するフィルタリングがかけられるITイベントが国内で成功するのかどうか,少なからず疑問に感じたのは確かです。

ですが結果として,開催前週にはチケットがソールドアウト,2日間の参加者は400名を超え,48のブレイクアウトセッションは満席がほとんど,中には立ち見も出る盛況ぶりでした。有料カンファレンスということもあり,事前登録者の歩留まりも非常に高く,イベントとしては成功裏に幕を閉じたといえそうです。

満席となった初日基調講演の会場

満席となった初日基調講演の会場

なお初日(10/26)キーノートに登壇したHortonworksのマーケティング担当バイスプレジデント ジョン・クレイサ(John Kreisa)氏によれば,2016年に行われた4つのリージョン(米サンノゼ,アイルランド・ダブリン,オーストラリア・メルボルン,東京)におけるHadoop Summitのトータルの参加者は6500名とのこと。2010年が1000名強だったことを考えれば,この数年でHadoopがいかに普及してきたのか,その参加者数の変遷からうかがい知ることができます。

John Kreisa氏

John Kreisa氏

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

2016年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入