Linux Daily Topics

2019年6月5日 Linux 5.0シリーズのアップデート ―Linux 5.0のEOL,Linux 5.1.7,Linux 5.2-rc3

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Greg Kroah-Hartmanは6月4日(米国時間⁠⁠,⁠Linux 5.0.21」のリリースを発表した。3ヵ月前の3月4日に公開された「Linux 5.0」の最後のメンテナンスアップデート(EOL)で,GKHはすべての5.0ユーザに対してアップグレードを呼びかけるとともに,できるだけすみやかなLinux 5.1への移行を促している。Linux 5.0.21とほぼ同時に,Linux 5.1の最新バージョンである「Linux 5.1.7」もGKHから公開されており,Linux 5.0のEOLにあわせてアップデートすることが推奨される。

Linux 5.0.21 -Greg KH
Linux 5.1.7 -Greg KH

なお,次期バージョンとなる「Linux 5.2」も順調かつ穏やかに開発が進んでおり,6月2日(米国時間)にはLinus Torvaldsが3本目のリリース候補(RC)版となる「Linux 5.2-rc3」を公開している。

Linux 5.2-rc3 -Linus Torvalds

LinusによればSPDX(Software Package Data eXchange: ソフトウェアライセンスの情報を簡単に把握するためのフォーマット)に関連したアップデートで若干の作業があったものの,コードを書き換えるほどではなく,手間のかかる修正作業はほとんど生じていないという。このまま進めば7月上旬にはLinux 5.2のリリースを迎えることができそうだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。