Linux Daily Topics

2020年2月10日 Linus,次期カーネル「Linux 5.6」の最初のリリース候補版を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは2月9日(米国時間⁠⁠,次期カーネル「Linux 5.6」の最初のリリース候補版となる「Linux 5.6-rc1」の公開を明らかにした。コミット数は1万以上,開発にかかわったデベロッパは1400名以上としている。

Linux 5.6-rc1 -Linus Torvalds

Linux 5.6はVPNプロトコルWireGuardやUSB 4のサポート,Western Digitalが開発した新ファイルシステムZonefsなど注目度の高いアップデートが数多く含まれるバージョンとして期待されているが,Linusは「Linux 5.6のマージウィンドウは通常よりも若干小さいくらい」とコメントしており,カーネル自体はそれほど肥大化していないとしている。

開発が順調に進めば,Linux 5.6の正式版は3月中旬以降に公開される予定だ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。