Linux Daily Topics

2020年4月7日 Linux 5.7の新機能 ―親プロセスとは異なるcgroupへのプロセス生成が可能に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

3月29日(米国時間)「Linux 5.6」がリリースされ,現在は次期Linuxカーネル「Linux 5.7」のマージウインドウがオープン中だが,その大きなアップデートのひとつとして,プロセスを生成する際,親プロセスとは異なるコントロールグループ(cgroup)下に直接,プロセスを生成する機能がマージされることがほぼ確実となった。

[GIT PULL] cgroup changes for v5.7-rc1
Commits -torvalds /linux -GitHub

この機能はプロセス/スレッドを生成するシステムコール「clone3」を拡張したもので,カーネルメンテナーのChristian Braunerがメインで作業にあたっている。実装されればcgroup_threadgroup_rwsemのグローバルロックによるタスク/プロセスのマイグレーションコストを大幅に低減させることや,特殊な用途のcgroupを作成しやすくなることが期待できる。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。