Linux Daily Topics

2020年3月30日 「ソーシャルディスタンスの王者」Linus,Linux 5.6をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは3月29日(米国時間⁠⁠,⁠Linux 5.6」の正式リリースを発表した。開発期間は約2ヵ月,7本のリリース候補(RC)版を経てのGAとなる。前週にRC7を公開してからネットワーク関連の修正事項が若干多かったため,⁠正式リリースを出すか,RCをもう1本出すか悩んだ」⁠Linus)ものの,最終的にはリリースを遅らせるほどではないと判断し,予定通りの公開が実現している。

Linux 5.6 -Linus Torvalds

Linux 5.6では,UDPベースのVPNプロトコル「WireGuard」がはじめてカーネルに実装されたほか,USB4のイニシャルサポート,2038年1月19日にコンピュータが誤作動する可能性「2038年問題」への対応,スマートスピーカー「Amazon Echo」のサポートなど,数多くのアップデートが行われている。

なお,世界を震撼させている新型コロナウイルス「COVID-19」がカーネル開発にもたらした影響についてLinusは「とくにそういう兆候(ウイルス流行による開発の遅れなど)は認められていない」とコメントしており,長い期間,リモートで開発やコミュニケーションを続けてきたスタイルが奏功しているようだ。ちなみにLinusの娘はLinusのことを「社会的距離感の王者(social distancing champ⁠⁠」と呼んでいるという。

もっともこれからのLinuxカーネル開発がCOVID-19から何の影響も受けないとは限らない。世の中のニュースに触れ続けていれば,メンテナーたちも集中できない状態になることも増えるだろう。Linusは3月30日(米国時間)にも次のカーネルとなる「Linux 5.7」のプルリクエストを受け付けるマージウインドウをオープンする予定だが,⁠通常通りのLinux 5.7のリリースを目指すため,いまのところとくに問題があるわけではないが,⁠COVID-19に影響を受けないようにするための)なにか良いサブシステムのアイデアがあれば知らせてほしい」と呼びかけている。Gitが生まれたときのように,単なるWork-From-Homeを超えるというニーズが,また新しい開発のスタイルにつながるのかもしれない。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。