Linux Daily Topics

2020年8月21日 Red Hat,マルチパスTCPをRHEL 8.3のテックプレビューとして実装へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Red HatのソフトウェアエンジニアであるDavide Carattiは8月19日(米国時間⁠⁠,同社の開発者ブログに「Multipath TCP on Red Hat Enterprise Linux 8.3: From 0 to 1 subflows」というタイトルの記事を投稿し,現在ベータサイクル中の「Red Hat Enterprise Linux 8.3」では複数のネットワーク経路での通信を可能にするマルチパスTCP(Multipath TCP: MPTCP)をテクノロジプレビューとして実装することを明らかにした。

Multipath TCP on Red Hat Enterprise Linux 8.3: From 0 to 1 subflows -Red Hat Developer

マルチパスTCPは4GやWi-Fiなど複数の通信経路を使用して1つのホストに対するエンドツーエンドな接続を強化するTCP拡張で,Linuxカーネルでは2020年3月リリースのLinux 5.6からネイティブサポートされている。CarattiによればRHEL 8.3においてはレガシーなTCPアプリケーションをメインで利用するユーザがほとんどあることを考慮し,デフォルトでのマルチパスTCPサポートは行わず,TCPの上位層プロトコル(ULP)としてオプションで利用できるようにするという。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。