Linux Daily Topics

2020年12月15日 2020年最後のリリース「Linux 5.10 LTS」が登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Linus Torvaldsは12月13日(米国時間⁠⁠,⁠Linux 5.10 LTS」の正式リリースをアナウンスした。当初の予定通り,約2ヵ月間の開発期間と7本のリリース候補(RC)版を経てのリリースで,5年間の長期サポートが保証されるバージョンとなる。

Linux 5.10 -Linus Torvalds

Linux 5.10のおもなアップデート内容は以下の通り。

  • ext4に「iJournaling」と呼ばれるジャーナリング技術を実装,fsync()のパフォーマンスを向上
  • Linux 5.1から実装された非同期I/Oアーキテクチャ「io_uring」において,プロセス間でよりセキュアにリングが共有できるようAPIを変更
  • メモリ利用のアドバイスをカーネルに提供する「madvise(2)」を呼び出すシステムコール「process_madvise()」
  • AMDが開発したSEV(Secure Encrypted Virtualization)を拡張,ゲストマシンのレジスタの状態を暗号化し,ハイパーバイザへのアクセスを回避する
  • カーネル内に存在するグローバル関数ポインタを置き換える「スタティックコール(static_call()⁠⁠」の実装(Spectre対策でRetpolineを現在も適用している場合などに有効)
  • ARMv8.5の拡張機能である「メモリタギング(Memory Tagging Extension⁠⁠」のサポート

2020年最後のリリースとなったLinux 5.10 LTSだが,2021年にアップデートが予定されている「Debian 11 "Bullseye"」やその他のディストリビューションでの採用が見込まれている。

Linusは次のLinux 5.11に向けてのマージウィンドウをオープンしているが,今回のオープン期間がホリデーシーズンと重なるため,⁠マージウィンドウはマージウィンドウがスタートする前に準備ができていたコードのためにある(the merge window is for things that are ready *before* the merge window starts⁠⁠」というルールをいつもより厳しく適用するとコメントしており,すでに十分にテスト/準備されたコードしか受け付けない姿勢のようだ。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。