Linux Daily Topics

2021年2月5日 "Linux on M1"を追い求める「Asahi Linux」プロジェクトがクラウドファンディングで始動

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2020年11月に発表されたARMベースのApple M1チップとそれを搭載したMacハードウェア(MacBook Air,MacBook Pro,Mac mini)は,一般ユーザはもとより,アプリケーション開発者の間でも評価が高いが,残念なことにApple以外のOSはいまのところ動作しない。M1 Macのリリース当初,Linus Torvaldsは「Linuxが動くなら欲しいけど,サポートしてくれない企業(Apple)と闘う気もない」コメントしており,メインラインがサポートに動く予定もしばらくはなさそうだ。だが,リバースエンジニアリングで"Linux on M1 Mac"を実現する動きがいくつか出始めている。2021年1月1日から活動がスタートした「Asahi Linux」もそのひとつだ。

Asahi Linux
Asahi Linux -GitHub
Sponsor @marcan on GitHub Sponsors

Asahi Linuxは個人開発者のHector Martin "marcan"が主導するプロジェクトで,YouTubeコンテンツ作成者やクリエーターなどを対象にしたクラウドファンディングプラットフォーム「Patreon」やGitHubスポンサーから寄付を募って活動を行っている。プロジェクト名の"Asahi"は日本語の「朝日」「旭りんご」に由来しており,AppleがMacintoshというりんごの名前を自社のフラグシップに使用したストーリーに寄せているようだ。

開発者のMartinはリバースエンジニアリングを得意とする開発者で,過去に「PS4 Linux」「AsbestOS(PS3 Linuxのブートローダ⁠⁠」といったプロジェクトに参加してきたとある。その経験を活かしてApple M1チップをリバースエンジニアリングし,最終的には「Arch Linux ARM」のような形態でのディストリビューションリリースを目指しているという。

Martinは2月5日,カーネル開発者向けのメーリングリスト「LKML.org」にASAHI Linuxの最初の成果物となるパッチを投稿しているが,その中にはsimplefbベースのフレームバッファやMac Mini 2020用のデバイスツリー,さらに「m1n1」というMac Mini 2020を対象としたブートローダーも含まれている。

[PATCH 00/18] Apple M1 SoC platform bring-up -Hector Martin
AsahiLinux/m1n1 -A bootloader and experimentation playground for Apple Silicon -GitHub

そのほかのApple M1 MacにLinuxをポーティングする動きとしては,米フロリダに本拠を置くCorelliumが1月に「M1 Mac上でUbuntuのUSB/NVMeブートを実現した」としてそのチュートリアルを公開したことが話題になった。ただしいずれのプロジェクトにおいても,M1 MacのGPUアクセラレーションのサポートがハードルとなっており ,今後の"Linux on M1"における大きなポイントとなりそうだ。

How We Ported Linux to the M1 -CORELLIUM

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。