Linux Daily Topics

2021年2月10日 ソフトウェアをビルドするすべての人々にパワーを ―NPO団体「Rust Foundation」が設立,Mozillaなどが支援

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

AWS,Microsoft,Google,Huawei,Mozillaなどが支援する独立した非営利組織「Rust Foundation」が2月8日にその設立を表明した。組織の暫定的な代表(Interim Executive Director)には,RustコアチームのメンバーでMozilla出身のAshley Williamsが就任する。

Rust Foundation -Hello World!

RustはもともとMozillaにより開発がスタートしたオープンソースのプログラミング言語で,パフォーマンスの高さやメモリ操作の安全性から近年,急激に人気が高まっている。MozillaはすでにRustの商標や関連する資産をすべてRust Foundationに譲渡済みで,今後は同ファウンデーションのプラチナスポンサーの1社として,Rustの開発と普及に関わっていくとしている。なおMozillaは2020年11月,同社が開発をすすめていたRustベースのWebエンジン「Servo」プロジェクトをLinux Foundationに寄贈している

Mozilla Welcomes the Rust Foundation -The Mozilla Blog

Rust Foundationは今後,Rustプロジェクトが掲げるスローガン「A language empowering everyone to build reliable and efficient software(信頼性と効率性を備えたソフトウェアをビルドするすべての人々のパワーとなる言語⁠⁠」のもと,パッケージメンテナーや開発者をサポートすることに注力し,Rustエコシステムをさらに拡大していくことを目指す。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。