Linux Daily Topics

2021年7月7日 Linux 5.14でレガシーIDEのサポート終了へ ―カーネルソースツリーから「/dev/ide」を全削除

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

6月27日にLinux 5.13が無事にリリースされてから1週間が経過し,カーネル開発者たちの多くはすでに次期カーネルとなる「Linux 5.14」へと作業をシフトしている。すでに多くのアップデートが確定しているが,新規ドライバの追加のほかに,サポートを終了する機能の削除も行われる。

Linus Torvaldsは6月28日,カーネルソースツリーにカーネルメンテナーのJens Axboeによるパッチをマージし,約4万1,000行ものレガシーIDEコード(/dev/ide)を削除,旧式のIDEドライバのサポートを終了することを明らかにしている。

Merge tag 'for-5.14/libata-2021-06-27' of git://git.kernel.dk/linux-block -Linus Torvalds

カーネルからレガシーIDEコードを削除する取り組みは,2019年7月にリリースされた「Linux 5.2」のころから始まっており,ちょうど2年をかけて作業が完了することになる。

現在,LinuxカーネルにおけるIDEデバイスのサポートはほぼlibataベースのドライバでカバーされており,レガシーIDEデバイスとしてまだ人気が残る「Motorola 68000(m68k)」⁠旧世代のMacintoshなど)のドライバも6月10日にlibataサポートとなったため,レガシーIDEコードをカーネルに残す必要がなくなったことで今回のマージに至っている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。

バックナンバー

Linux Daily Topics

バックナンバー一覧