Linux Daily Topics

2021年9月29日 Fedora 35ベータ版が公開,正式リリースは10月末予定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは9月28日(米国時間⁠⁠,10月末にリリース予定の「Fedora 35」のベータ版「Fedora 35 Beta」を公開した。Linuxカーネルは最新のLinux 5.14,デフォルトデスクトップ環境は9月23日にリリースされた「GNOME 41」を採用している。

Fedora Linux 35 Beta Release Announcement -Fedora Mailing-Lists

Fedora 35 BetaにはGNOME版のほか,KDE Plasmaを採用したイミュータブルデスクトップ「KDE Kinoite」が含まれている。また,Fedora 34ではマルチメディアフレームワークがPulseAudioからPipeWireにリプレースされたが,Fedora 35ではPipeWireのデフォルトセッションマネージャにWirePlumberが採用されることになっており,今回のベータ版にも反映されている。

用意されているエディションはデスクトップ版の「Fedora 35 Beta Workstation⁠⁠,サーバ版の「Fedora 35 Beta Server⁠⁠,IoT版の「Fedora 35 Beta IoT」の3種類で,このほかにKDE PlasmaやXfceなどGNOME以外のデスクトップに対応した「Fedora 35 Beta Spins⁠⁠,天文学やデザイン,セキュリティなど目的別に特化した「Fedora 35 Beta Labs⁠⁠,ARMデバイスに最適化された「Fedora 35 Beta ARM」もダウンロード可能になっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。