Linux Daily Topics

2021年11月8日 Fedora Linux 35リリース,GNOME 41がデフォルトに

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Fedoraプロジェクトは11月2日(米国時間⁠⁠,⁠Feodra Linux 35」の正式リリースを公開した。メインのエディションとしてはデスクトップ版の「Fedora Workstation 35⁠⁠,サーバ版の「Fedora Server 35⁠⁠,IoT版の「Fedora IoT 35」の3つが提供され,そのほかパブリッククラウドのデプロイメントに最適化された「Fedora Cloud⁠⁠,GNOME以外のデスクトップ環境を実装した「Fedora Spins⁠⁠,サイエンスやゲームなど特定の目的に特化した「Fedora Labs」といったオルタナティブバージョンもアップデートされている。

Worth the wait: Fedora Linux 35 is here! -Fedora Magazine

Fedora 35ではカーネルに「Linux 5.14⁠⁠,デフォルトのデスクトップ環境には9月にリリースされた「GNOME 41」を実装している。GNOME 41では電力管理の改善や「GNOME Software」の機能強化のほか,VNC/RDPをサポートする新しいデスクトップクライアント「GNOME Connections」の利用も可能となっている。また,前バージョンのFedora 34でデフォルトのオーディオシステムが「PipeWire」に変更されたのに続き,Fedora 35ではセッションマネージャのデフォルトに「WirePlumber」が採用されている。

なお,Fedora Cloudでは以前から予定されていたデフォルトファイルシステムのBtrfsへの変更が行われている。

Fedora 35はバグの修正に想定以上の時間と労力がかかったため,当初に予定してた10月中旬のリリース日よりも大幅に遅れてのGAとなった。プロジェクトリーダーのMatthew Millerは「⁠⁠今回の遅れは)6リリース連続のオンスケジュールの記録を途絶えさせてしまったことになるが。明らかなブロッキングバグを解決するほうがより重要だった」とコメントしており,品質を担保するためにやむを得ない遅延だったとしている。なお,Fedora 35のリリースを記念したオンラインパーティが11月12日~13日(世界標準時)に開催される予定となっている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。