Linux Daily Topics

2021年11月19日 12月末にEOLのCentOS,最新アップデート「CentOS Linux 8 (2111)」をリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

CentOSプロジェクトは11月16日(米国時間⁠⁠,11月10日にリリースされた「Red Hat Enterprise Linux 8.5」をアップストリームとするCentOSの最新バージョン「CentOS Linux 8 version 2111」のリリースを発表した。RHEL 8.5で追加されたコンテナ関連のアップデートやOpenJDK 17のサポートなども本バージョンに含まれている。

Announcing the latest release of CentOS Linux 8 (2111) -Blog.CentOS.org

CentOSプロジェクトは2021年12月31日をもってEOLとなることがすでに告知されているが,今回のリリースノートでもあらためてサポート終了の予定が変わらないことが強調されている。また,今回のリリースはあくまでも既存のバージョンのアップデートであり,ユーザに対しては「CentOS 8を本番環境で使わない」⁠12月31日までに別のOSに移行する計画をたてる」ことをあらためて求めている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。