Linux Daily Topics

2020年6月3日 "Buster"をベースにしたsystemdフリーOS「Devuan 3.0 "Beowulf"」がリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Devuanプロジェクトは6月1日,⁠Devuan 3.0 "Beowulf"」のリリースを発表した。2018年6月の「Devuan 2.0 "ASCII"」以来,約2年ぶりの安定版の公開となる。

Devuan Beowulf 3.0.0 stable release

Devuan 3.0はDebian 10.4およびLinux 4.19をベースにしており,対応アーキテクチャはi386,amd64,armel,armhf,arm64に加え,今回からppc64elが追加されている。デフォルトのデスクトップ環境はXfceで,オプションとしてCinnamon,KDE,LXQt,MATEから選択できる(その他のデスクトップ環境はインストール後に設定可能⁠⁠。initシステムは従来からのSysVinitのほかに,今回からrunitとGentooプロジェクト由来の「OpenRC」が追加された。Gentoo由来のプロジェクトとしてはほかにも「eudev」⁠systemdフリーのカーネル用デバイスファイルマネージャ)「elogind」⁠systemdのlogindをスタンドアロン化)がDevuan 3.0から利用可能となっている。

「systemdフリーなDebianを!」を掲げて2014年11月にDebianからフォークしたDevuanプロジェクトが,最初の安定版リリースとなるDevuan 1.0をリリースしたのが2017年5月のこと。以来,着々とプロジェクトを成長させ,今回のBeowulfで3回目となる安定版リリースを達成した。次のバージョンとなる「Devuan 4.0」のコードネームは"Chimaera"で,⁠Debian 11 "Bullseye"」をベースにする予定となっている。

なお,Devuanのコードネームには小惑星/準惑星の名前が付けられており,バージョン2のASCIIからはコードネームの頭文字がアルファベット順に並ぶように付けられている(ASCII→Beowulf→Chimaera⁠⁠。現時点ではDevuan 5.0となる予定の「Daedalus」まで決定している。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。