Ubuntu Weekly Recipe

第648回 デスクトップ環境の2020-2021年

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

新しい年の始めに,Ubuntuで使用できるさまざまなデスクトップ環境について,2020年に起こったことと2021年に起こりそうなことを紹介します。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。本連載も13周年を迎えました。

昨年は著者多忙につき休載が多く,昨年中に650回を迎えることができなかったのが少々残念であります。昨年も同じ主張をしましたが,執筆者を多様化するしかありません。

本連載のことはさておいてデスクトップ環境の開発状況は,コロナ禍であっても滞ったという話は聞いておらず,広い意味での分散開発の底力の強さを知ることになりました。また,後に詳しく紹介しますが2大ツールキットのGTKとQtがともにメジャーバージョンアップ版をリリースしたという記念すべき年でもありました。

はたしてこれからどんなことが起こるのでしょうか。本年もよろしくお願いいたします。

ツールキット最新状況

デスクトップ環境の話に入る前に,ツールキットの最新状況について紹介します。ツールキットは誤解を恐れずにいえばGUIライブラリ集であり,デスクトップ環境ではGTKQtが広く使われているのは今更説明するまでもないでしょう。

Qtの最新バージョンである6.0が昨年12月8日GTKの最新バージョンである4が昨年12月16日にリリースさました。多少なりともデスクトップ環境の開発に影響を及ぼすものと思われますが,どうなのでしょうか。

GTK4のリリースに伴って,2.x系列の最終バージョンである2.24.33が12月21日にリリースが行われ,2.x系列のサポートは終了しました。今や2.x系列はほぼ使われていませんが,有名どころではGIMPMozcの一部機能(mozc_renderer)などではまだ使われています。GIMPは次のメジャーバージョンである3.0のリリースが近づき,Mozcは検討中となっています。

ついでにGTKの話を続けると,2019年にGTK+という名称がGTKに変更されました。

デスクトップ環境

各デスクトップ環境を見ていきましょう。昨年第601回でお届けした内容の今年版になりますが,昨年の内容と今年の内容はリンクしません。

GNOME

昨年GNOMEは3.36と3.38がリリースされました。Ubuntu 20.04 LTSは前者を採用したためユーザーも多いのではないかと思います。では今年3月にリリースされるのは3.40になるのか?といえばそうはならず,40となります。繰り返しますが,3月にリリースされるのはGNOME 40です。そして9月にリリースされるのはGNOME 41になる予定です。

GNOME 4.0にならなかったのはGTK 4と紛らわしかったからということですか,確かに足並み揃えてGTK 4に移行するわけでもないのに同じバージョニングだと混乱を招くため,正しい判断のように思います。換言すると,GNOME 3.0の時のようにGTK+ 3.x(当時)に足並みをそろてリリースを行うわけではなく,KDEのように混在しつつ徐々にGTK 4へのポーティングを行っていくということです。

GNOMEが大きく変わるのはバージョニングだけではなく,ユーザーインターフェースも大きな変更が予定され,GNOMEのブログで披露されています。とはいえUbuntuではGNOMEのルック&フィールをそのまま採用しているわけではなく,Unity 7に似せるための調整が入ります。そのため,これまでとあまり大きな変更がない,ということになる可能性もあります。どのようになったのかはUbuntu 21.04リリース後に本連載で取り上げることになるかと思いますので,それまでお待ちください。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。