Ubuntu Weekly Recipe

第667回 Warpinatorでお手軽LAN内ファイル転送

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回はWarpinatorで簡単にLAN内のPC間でファイルやフォルダーを転送する方法を紹介します。

LAN内のファイル転送に便利なWarpinator

複数のPCを使用している際,懸念事項はいろいろとありますが,ファイルやフォルダーの転送をどうするのかというのは悩みのひとつです。NASを置いてそこを経由するという解決方法がもっともシンプルですが,どうしても手数が多くなります。仮想PCの場合は仮想PCの機能を使用すればもう少し楽になりますが,例えばVirtualBoxの場合はGuest Additionsが必須など,事前準備が必要になります。

なるべく事前準備を少なく,なるべく手数を少なくしてPC間で直接ファイルを転送する方法はないかと調査してみたところ,その手のソフトウェアはいろいろとあるものの死屍累々でした。結局はLinux MintがメンテナンスしているLAN内のPC間でファイルを転送するアプリケーション「Warpinator」を使用するのがベターではないかという結論に達しました。

Warpinatorはインストールすればすぐに使えるお手軽さと,現在も活発に開発されていることが特徴です。というわけで,今回はWarpinatorのインストールと使用例を紹介します。

ビルドとインストール

当然のことながらLinux Mintにはあらかじめインストールされており,またFlathubでも配布しているため,Flatpakのセットアップを行えば使用できるようになります。また,ソースコードからDebパッケージをビルドすることもできます。

なお,今回対象のUbuntuのバージョンは20.04 LTSと21.04です。確認したWarpinatorのバージョンは1.1.2です。

Flatpak

Flatpakをセットアップし,Flathubからインストールする場合は次のコマンドを実行してください。

$ sudo apt install flatpak
$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo
$ flatpak install flathub org.x.Warpinator

インストールが完了したら再起動してください。

ソースコードから

端末を起動し,次のコマンドを実行してください。なおパッケージのビルド環境はすでにあるものとします。

$ git clone https://github.com/linuxmint/warpinator.git
$ cd warpinator/
$ sudo apt install meson policykit-1 python3-grpc-tools python3-protobuf gobject-introspection
$ dpkg-buildpackage -r -uc -b

もしビルドに必要なパッケージが足りない場合はその旨表示されるので,すべてインストールした後に4行目を再実行してください。

もちろんビルドするUbuntuとインストールするUbuntuが同一である必要はありません。そういった場合はビルドしたパッケージをインストールするUbuntuに転送してください※1⁠。

※1
はい,ここでブートストラップ問題が発生します。こればかりはどうしようもないのでNASなりUSBメモリーなどでパッケージをコピーしてください。

インストールするには次のコマンドを実行してください。

$ sudo apt install ./warpinator_(バージョン)_all.deb python3-zeroconf

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。