Ubuntu Weekly Recipe

第682回 GNOMEのオンラインアカウント機能を極める

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回はGNOMEのオンラインアカウント機能とは何なのかを説明するとともに,具体的な設定方法を紹介します。

オンラインアカウント機能とは

オンラインアカウント機能は,⁠設定⁠⁠-⁠オンラインアカウント」で設定できる,各種WebサービスとGNOMEの各種アプリケーションを統合するための機能です図1⁠。この説明では少しわかりにくいですが,具体的に設定を行っていきましょう。

図1 オンラインアカウント一覧

図1

もともとはGNOMEに実装された機能で,今ではKDE Plasmaでも対応しています図2⁠。またGNOMEの派生版であるCinnamonでもGNOMEと同じオンラインアカウント機能を使用できます図3⁠。

図2 KDE Plasmaのオンラインアカウント

図2

図3 Cinnamonのオンラインアカウント

図3

またこの機能はディストリビューションによっても差があり,Fedoraではまた違った項目が設定できます図4⁠。

図4 Fedora 34のオンラインアカウント。なおこれがGNOMEのデフォルトの模様

図4

今回は具体的に,図1の「Ubuntuシングルサインオン」⁠Google」⁠Nextcloud」⁠Microsoft」⁠Microsoft Exchange」の設定と,連携できる機能を取り上げます。

使用するUbuntuは20.04 LTSであり,21.04ではありません。理由は後述します。

Google

例としてわかりやすいので,順番は無視して「Google」から設定していきます。

「Google」をクリックすると,Googleアカウントを入力するウィンドウが表示されます。指示に従って,まずはメールアドレスまたは電話番号を入力しましょう図5⁠。

図5 Googleアカウントを入力する。通常はメールアドレス

図5

続けてパスワードを入力してください図6⁠。

図6 パスワードを入力する

図6

最後にアカウントへのリクエストを許可して完了です図7⁠。

図7 リクエストを許可する

図7

Googleアカウントのウィンドウが表示され,⁠用途」のオンオフができるようになっています図8⁠。実はこれが各アプリケーションと対になっています。

図8 Googleアカウントで有効にできる用途一覧

図8

対応しているアプリケーションを具体的に見ていきましょう。カッコ内はパッケージ名です。

  • メール:Geany, Evolution
  • カレンダー:カレンダー(gnome-calendar), Evolution
  • 連絡先:連絡先(gnome-contacts), Evolution
  • ドキュメント:ドキュメント(gnome-documents)
  • 写真:なし
  • ファイル:ファイル(nautilus)
  • プリンター:なし

Ubuntuにあらかじめインストールされているアプリケーションは「ファイル」「カレンダー」だけなので,必要なものは適宜インストールしてください。なお,筆者が把握していないだけで,ほかに対応アプリケーションはあるかもしれません。

「なし」になっているものは解説が必要でしょう。⁠写真」はサービスが終了したPicasaに対応していましたが,⁠Googleフォト」とは全く違うものなのでそちらには対応しません。同じくプリンターは,サービスが終了したクラウドプリントに対応していました。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。