Ubuntu Weekly Recipe

第691回 Intel Core i3-10105で省エネコンパクトPCを構築する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Intel Core i3-10105搭載PCでUbuntu 20.04.3 LTSを動作させ,すべてのハードウェアを認識するか,AMD Ryzen 3 PRO 4350G搭載PCと比較してパフォーマンスはどうなのかを計測します。

Intel VS AMD 4コア8スレッドモデル対決

第651回でCPUをIntelにするかAMDにするか迷い結局後者にしたのですが,その後いろいろあって結局IntelのCPUも購入することになってしまいました。

せっかくなので,本来の用途に使用する前に第651回で組んだPCと比較してみようと思います。

具体的な構成は次のとおりです。

役割 メーカー 型番
CPU Intel Core i3-10105
マザーボード MSI H510I PRO WIFI
メモリー ADATA AD4U266638G19-B
SSD Western Digital WDS250G2X0C
ケース In Win IW-BP671/300B

メモリー,SSD,ケースは部屋にあったもので新たに購入していません。

使用するOSはUbuntu 20.04.3 LTSです。すなわちカーネルのバージョンは5.11です。5.4や5.9を使用している場合は速やかにバージョンアップを行ってください。図1「このシステムについて」を見てみると,プロセッサーもグラフィックも正しく表示されていることがわかります。

図1 ⁠このシステムについて」を表示したところ

図1

Core i3-10105を選択した積極的な理由は特になく,4コア8スレッドモデルで一番価格が安いもの(スペックが低いもの)です。ただし別途ビデオカードを増設する予定はないので,GPU統合モデルである必要はありました。

H510I PRO WIFIはなかなか興味深いマザーボードで,H510というローエンドのチップセットを詰んでいるにも関わらず有線LANは2.5GbE,無線LANはIEEE 802.11ax(いわゆるWi-Fi6)に対応したコントローラーを搭載しています。この辺がUbuntuでも使用できるかがひとつのポイントとなりますが,結論から先に述べるといずれも使用できます。図2が有線LANで2.5GbEを使用しているところで,図3が無線LANで802.11axが使用できているところです。もちろん2.5GbEに対応したハブ,802.11axに対応したアクセスポイント(ルーター)が必要ですが,拙宅ではいずれも揃っています。

図2 ⁠接続済み - 2500Mb/s」の表示が眩しい

図2

図3 ⁠リンクの速度」が桁違いに速い

図3

ただしUSBの速度は控えめで,USB 3.2 Gen1にしか対応しません。Gen 2や2.2が必要な場合はもう少し上位のチップセットを選択するか,唯一のPCI ExpressバスにUSBカードを増設することになるでしょう。USBの速度に関しては本稿の主旨から外れるので解説しませんが,数字が多いと速くなります。

比較対象となるPCは第651回から少し変わっていて,スペックは次のとおりです。

役割 メーカー 型番
CPU AMD Ryzen 3 PRO 4350G
CPUファン アイネックス IS-40X
マザーボード ASRock A520M-ITX/ac
メモリー Crucial(CFD) W4U3200CM-16G
SSD Western Digital WDS250G2X0C
ケース In Win IW-BQ656/150N-U3

ちなみに用途も変わって,現在はWindows 11動作用PCとして使用する予定です。またSSDは相性問題からかWDS250G2X0Cだとフリーズして全く使い物にならなかったため,GWM.2NVST-U3G2CCAを経由して接続しています。

ベンチマーク結果

今回もPhoronix Test Suiteを使用し,軽くベンチマーク結果を見ていきましょう。

内蔵GPU

図4図5SuperTuxKartの結果です。一番さが少なかったものと差が大きかったものを掲載しています。

図4 SuperTuxKartの結果その1

図4

図5 SuperTuxKartの結果その2。その1とはコースが異なる

図5

4350Gではいずれも120FPS近く出ており,ボトルネックになっていませんが,Core i3-10105はやや厳しい結果になっています。内蔵GPUの性能を重視するならAMD一択といえます。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。