Ubuntu Weekly Recipe

第651回 AMD Ryzen 3 PRO 4350Gで省エネコンパクトPCを構築する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

AMD Ryzen 3 PRO 4350G搭載PCでUbuntu 20.04 LTSを動作させ,コストに見合ったパフォーマンスが出るかを計測します。

構成のポイント

まずは今回の構成を見ていきましょう。

役割 メーカー 型番
CPU AMD Ryzen 3 PRO 4350G
CPUファン SCYTHE SCSK-2000
マザーボード ASRock A520M-ITX/ac
メモリー Crucial(CFD) W4U3200CM-16G
SSD WD WDS250G2B0C
電源 玄人志向 KRPW-TX300W/90+
ケース In Win IW-BP671/300B

この構成には,アイドル(低負荷)時の消費電力を可能な限り低いものにしたい,という意図があります。電源は入れっぱなしにするものの,負荷はあまりかからないので絶対的な性能は必要ありません。であればIntelのCPU(というかSoC)にもっと適したものがありますが,今となっては構成が古いので見送りました※1⁠。

IntelのCore i3シリーズも考えたのですが,Ryzen 3 PRO 4350Gだとアイドル時の消費電力は同等かなと思ったものの,どうもそうでもないようで,構成をミスしたかもしれません※2⁠。

※1
具体的にはJ4125-ITXなどですが,さすがに昨今マザーボード上にM.2スロットがないので厳しいところです。次世代モデルに期待です。
※2
結局高くつきましたが,そのあたりは筆者のAMD愛でカバーできる範囲ではないかと思います。

マザーボードA520M-ITX/acのUEFI BIOSは,バージョンP1.40でした。このバージョンは執筆時点でアップデートとしてリリースされておらず,どのような変更点があるのかわかりません。

今回の用途では電源ユニットもよりよいものに交換したほうがいいだろうということでKRPW-TX300W/90+にしたあたりは目新しいところでしょうか。

なおケースIW-BP671/300Bは流通在庫のみのようですので,Mini ITXで5インチベイとPCI Expressスロットを使用したい場合は見かけ次第購入しておいたほうがいいでしょう。

比較する構成は次のとおりです。

役割 メーカー 型番
CPU AMD Ryzen 5 3400G
CPUファン SCYTHE SCSK-2000
マザーボード GIGABYTE B450 I AORUS PRO WIFI
メモリー Team TF3D416G3200HC16CDC01
SSD WD WDS250G2B0C
ケース In Win B1

第635回の構成をパワーアップしたものになっています。CPUは比較的入手が容易で,前世代に当たる同じ4コア8スレッドのRyzen 5 3400Gです。メモリーはオーバークロックを行っているため,ベンチマークは全体的にRyzen 5 3400Gに有利になるはずですが,それはおいおい確認していきましょう。

Ryzen PRO 4000GシリーズとUbuntu 20.04 LTS

本連載第631回第632回でRyzen 7 PRO 4750Gを紹介しました。Rynzen 3 PRO 4350Gとは同じシリーズで同じように動作するのですが,Ubuntuの対応状況が若干変わっています。

第632回ではUbuntu 20.04 LTSのカーネル(5.4)ではRyzen PRO 4000Gシリーズは正しく認識しないため,Radeon Software for Linux (AMDGPU-PRO)を使用するといいと説明しています。しかし今回の執筆時点においてカーネルを最新版にアップデートすると,このドライバーを最新にしてもカーネルモジュールのビルドができずに使用できません。ただし,具体的な時期は調査していないのですが,カーネル5.4でもいつの間にかこのドライバーをインストールしなくても画面を出すことはできるようになりました。さらに現在はHWEカーネル(5.8)がリリースされており,この問題は完全に解決しています。よってUbuntu 20.04 LTSを使用する場合は必ず最新の状態にアップデートを行ってください※3⁠。

※3
このようなことがなくても常に最新版にアップデートする必要はあるのですが。

図1「このシステムについて」です。⁠グラフィック」「AMD Renor」になっているとおり,正しく認識できています。ちなみに正しく認識できていないときは「llvmpipe」になっていました。

図1 Ryzen 3 PRO 4350Gの「このシステムについて」

図1

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamのメンバー。VirtualBoxなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。