Nikon Capture NX-D RAW現像 パーフェクトマニュアル
[カラーコントロールポイント完全対応版]

[表紙]Nikon Capture NX-D RAW現像 パーフェクトマニュアル[カラーコントロールポイント完全対応版]

B5判/160ページ

定価(本体1,980円+税)

ISBN 978-4-297-11137-3

電子版

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

書籍の概要

この本の概要

Nikon純正のRAW現像ソフト「Capture NX-D」を使ったRAW現像の方法を解説する書籍です。「ViewNX-i」を使った取り込み・セレクトから,「NX-D」の基本操作とすべての調整機能の使い方,シーン別の現像テクニックまで,Nikonユーザーが必要とするRAW現像の知識を余すところなく解説します。もちろん,新たに追加された待望の「カラーコントロールポイント」機能についてもしっかりフォロー。Nikon純正ならではの思い通りの現像が,これ1冊で可能になります!

こんな方におすすめ

  • NX-DでRAW現像を行いたい人

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

目次

CHAPTER 1 NX-Dの基本を知る

  • 01 RAW現像を始める前に
    • 自分が納得できる写真こそが写真表現の正解
    • RAWでできることとできないこと
  • 02 RAWの基本とメリットを知る
    • JPEGとRAWの特徴
    • JPEGとRAWの使い分け
  • 03 カメラでRAWの設定を行う
    • RAW+JPEGで設定を行う
    • メモリーカード選択のポイント
  • 04 RAW現像に欠かせない2つのソフトを知る
    • ViewNX-iとCapture NX-Dの連携
  • 05 カメラ内RAW現像について
    • カメラ内でRAW現像を行う

CHAPTER 2 写真を取り込んでセレクトする

  • 01 パソコンにRAWデータを転送する
    • Nikon Transfer 2を使用してRAWデータを転送する
  • 02 画像を表示する
    • ViewNX-iの画面構成
    • 表示モードを切り替える
    • ツールバーのそのほかの機能
    • フォトトレイを利用する
    • 白飛び/黒潰れ表示を利用して画像をチェックする
  • 03 ラベル/レーティングを付ける
    • 画像選別の方法と選別ポイント
    • ラベル/レーティングで絞り込む
    • 絞り込んだ画像を別フォルダーにコピーしてさらに絞り込む
    • イメージコントロールバーを利用して拡大表示する
  • 04 エクスプローラーと連携する
    • エクスプローラーと連携する
  • 05 NX-Dと連携する
    • ViewNX-iからNX-Dを起動して画像を確認する
    • ラベル・レーティングで絞り込んだ画像をNX-Dで確認する
  • 06 簡易的なRAW現像を行う
    • ViewNX-iでRAW現像を行う

CHAPTER 3 RAW現像の基本を知る

  • 01 NX-Dを起動する
    • NX-Dの役割と起動
    • NX-Dの各部名称
    • NX-Dを起動する
    • フォルダーから画像を表示する
  • 02 画面表示を切り替える
    • NX-Dの画面表示を知る
  • 03 表示ツールを活用する
    • 表示ツールの使い方
  • 04 画像を比較して表示する
    • 比較画面の種類を知る
    • 編集結果比較のさまざまな使い方
  • 05 ラベル/レーティングを付ける
    • ラベル/レーティングの設定と絞り込み機能を利用す
    • ラベル/レーティングの変更
    • 画像を絞り込む
  • 06 エディットパネル/レタッチパネルで画像を調整する
    • エディットパネルの画面構成
    • エディットパネルの操作
    • 複数の画像を同時調整する
    • レタッチパネルの操作
  • 07 画像を書き出す
    • 調整内容の保存とファイル変換

CHAPTER 4 NX-Dの現像機能を使う

  • 01 露出補正
    • 画像の明暗を調整する
  • 02 アクティブD-ライティング
    • 画像を自然な明暗で表現する
  • 03 ホワイトバランス
    • 光源を設定する/色温度・色味を詳細に調整する
  • 04 ピクチャーコントロール
    • ピクチャーコントロールの基本を知る
    • ピクチャーコントロールの「オート」を利用する
    • オート/モノクローム以外の6項目で可能な調整項目
    • モノクロームで可能な調整項目
    • Creative Picture Controlを利用する
  • 05 トーン
    • 明るさや彩度を変える
  • 06 トーン(ディテール)
    • 暗部/明部の調整を自由に行う
  • 07 ノイズリダクション
    • 画像のざらつきを補正する
  • 08 カメラとレンズの補正
    • レンズによる歪みや収差を補正する
  • 09 LCHエディター(概論)
    • 個別の調整ができるLCHエディター
  • 10 LCHエディター(明度)
    • 色を変えずに明るさだけを調整する
  • 11 LCHエディター(カラー明度)
    • 特定の色の明暗を調整する
  • 12 LCHエディター(彩度)
    • 特定の色の彩度を調整する
  • 13 LCHエディター(色相)
    • 色相を変換する
  • 14 傾き補正とアオリ効果
    • 傾きと歪みを補正する
  • 15 アンシャープマスク
    • 画像にシャープを掛けて輪郭をはっきりさせる
  • 16 レベルとトーンカーブ
    • レベルとトーンカーブの調整
    • トーンカーブの基本操作
    • レベル補正の基本操作
    • チャンネルを変えて補正を行う
  • 17 カラーコントロールポイント
    • 画像の色と明るさを部分的に調整する
    • カラーコントロールポイントの使い方
  • 18 WB(ホワイトバランス)
    • グレーポイントサンプルツールをすばやく利用する
  • 19 クロップ
    • クロップツールを使用する
  • 20 回転
    • 画像を回転させる
  • 21 レタッチブラシ
    • レタッチブラシで画像のゴミ取りをする

CHAPTER 5 NX-Dシーン別RAW現像テクニック

  • 01 雲の細部を明るくして真っ赤な夕焼けを表現する
    • 感動的でダイナミックな夕焼けを“自然に”見せる
  • 02 猫の可愛らしさを柔らかなトーンで仕上げる
    • 猫の毛色のトーンで可愛らしさを表現する
  • 03 クリエイティブピクチャーコントロールで雰囲気のある人物に
    • 夢見るような光の中のポートレートに仕上げる
  • 04 窓辺の逆光で暗くなった人物を明るく表現する
    • 窓辺の逆光での人物を明るくする
  • 05 煙る都会の景色をくっきりシャープにする
    • 霞んだ景色をくっきり克明に出す
  • 06 暗くなった建物を色鮮やかに変える
    • ハイライトとシャドーを決めカラーコントロールポイントで調整する
  • 07 ケーキの周辺を暗くしてSNSで映える個性的な写真に仕上げる
    • ピクチャーコントロールで全体のトーンを決め周辺を暗くする
  • 08 色と質感を引き出して花と鳥をより美しく表現する
    • 鳥と花の質感を出しながら明るく鮮やかに仕上げる
  • 09 日陰に咲くバラをファンタジックな光で表現する
    • 日陰に咲くバラを柔らかで明るい光の状態に仕上げる
  • 10 夜祭の山車を幻想的に仕上げる
    • ホワイトバランスで色を決めシャドー部分を明るく描写する

CHAPTER 6 NX-Dの便利なテクニック

  • 01 画像の調整内容を活用する
    • 調整した内容を登録・適用する
    • 調整内容をコピー・貼り付ける
    • 調整内容をファイルとして保存・適用する
    • 画像調整した項目をバッチ処理で適用する
  • 02 ほかのアプリを登録して利用する
    • 画像を開くアプリケーションを登録する
  • 03 写真をプリントする
    • プリントのための基本設定

ViewNX-iとCapture NX-Dのダウンロード・インストール方法

著者プロフィール

その江(そのえ)

新潟県出身。
京都造形大学卒業後,荒木英仁に師事する。
2003年「Lightinguz」を設立し独立。
独自の視点・感性で撮る広告写真等で活躍。
ポートレートから風景までオールマイティな写真家として,カメラメーカーなどからの依頼も多数。
近年の写真セミナーでは「ハートで撮ること」の大切さを提唱し,心が震える・感動が起こる写真の撮り方を伝えている。
公益社団法人日本広告写真家協会(APA)正会員。
ニコンカレッジ講師。