新春特別企画

2021年のウェブ標準とブラウザ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

2021年になりましたね。

矢倉眞隆(myakura)です。ウェブ標準やブラウザに興味のあるウェブ開発者です。gihyo.jpでは2009年にWeb標準とその周辺技術の学び方という連載をしていました。

今回は昨年の泉水さんに代わり,2021年のウェブ標準やブラウザの動向を占おうと思います。2020年は世界もブラウザもそれなりに大きな出来事がありましたので,2020年の動きをまずおさえ,そのうえで2021年はどうなるのかを考えてみました。

W3Cのプロセス改訂でLiving Standardライクな仕様の改訂が増えていく

W3Cは2020年9月に,新しいプロセス文書と特許ポリシーを公開しました

新しい文書プロセスはW3Cの組織の定義や標準化の流れ,意思決定などについて定めた文書です。ここ数年は毎年更新されていますが,2020年はこれまでと比べて最大級とプレスリリースでもうたわれています。

これは,勧告された仕様に対する修正や機能追加が,条件つきで認められるようになったからです。これまでは勧告された仕様に対する変更は,勧告候補,勧告案,修正勧告案など,勧告プロセスを一部やり直す形で行われていました。しっかりとはしていますが,仕様の誤りの修正や,一部機能の追加には重いものでした。これが改められ,機能が十分に成熟したものについては,既存の勧告に入れ込む形で改訂できるようになりました。

これによりWHATWGの仕様がとっているLiving Standardのような漸進的な更新が,W3Cの仕様でも行えることになります。仕様のステージ(草案や勧告候補)の移動にかかる事務的な手続きも削減されたので,新しいプロセスを導入した仕様は更新がしやすくなるでしょう。

特許ポリシーも改訂されロイヤリティフリーのポリシーが勧告候補から適用されることになりました。

すでにいくつかの仕様も新しいプロセスのもと公開されており,2020年12月にはCSS Containment仕様の勧告が更新されています。2019年の勧告に対し,修正候補(Candidate Correction)と呼ばれる修正点が追記されています

WHATWGのDOM仕様やHTML仕様がW3C勧告に

HTML仕様とDOM仕様については,2019年5月に発表されたW3CとWHATWGの合意により,WHATWGが作成する仕様をW3Cが勧告することになっています。

2020年12月にはHTML仕様のレビュードラフトも勧告案として公開されました。2021年には勧告されるでしょう。WHATWGのプロセスではレビュードラフトを6か月ごとに更新すると定めているので,今後も継続的に,HTML仕様やDOM仕様がW3Cから勧告されていくと思われます。

そこまで細かく出すほど,現在のHTMLやDOMに機能追加や変更があるのか?と思う方もいるかもしれません。たしかにHTML5時代ほど大きな機能はない気はしますが,新しい機能はいまもちょこちょこと追加されています。

2020年には,DOM仕様にreplaceChildren()という,子要素を引数に与えた要素で置き換えるというメソッドが提案ののち,すぐに実装されました。ほかにもaddEventListener()にAbortSignalが組み込まれる提案がなされ,こちらももすぐに定義と実装が行われています。細かくはありますが,使い勝手を向上させる機能が入るのはうれしいですね。

addEventListener()へのAbortSignalの実装は,Node.jsからもたらされた提案のようです。Node.jsはFetch APIやAbortController,WebCryptoなど,ブラウザ向けのAPI仕様の一部をNode.jsのコアモジュールとして取り込む流れがあります。プラットフォームを超えたことで仕様が広がりを増すのも,JavaScriptのエコシステムの大きさを改めて感じます。

CSS仕様も粛々と更新中

CSSについては,プロセスのところで触れたContaiment仕様が2020年12月に勧告になった以外にも,数多くのドラフトが更新されました。どれも新しいプロセスのもと公開されています。

また,仕様の安定度合いをまとめた文書,CSSスナップショットの2020年版も公開されました。CSSを定義する仕様として23のモジュールが,仕様はこなれたものの実装やテストなどはこれからと判断されたモジュールが14,実装が先行したものの仕様の詳細やテストがこれからと判断されたモジュールが6,それぞれリストされています。

スナップショットは仕様の成熟度合いを示すものなので,ウェブ開発者の「使える・使っている」という感覚とは多少異なりますが,CSSがどのように進行しているのかをみるひとつの資料として面白いかとは思います。

著者プロフィール

矢倉眞隆(やくらまさたか)

HTMLやCSSといったW3C/WHATWGのウェブ標準仕様やブラウザーのエンジンについて,20年ほどなんとなく追いかけている。現在は株式会社ピクセルグリッドに所属。

Twitter:@myakura