新春特別企画

2022年のWebアクセシビリティ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

あけましておめでとうございます。株式会社ミツエーリンクスの中村直樹です。昨年に引き続き,技術仕様と国内法整備に関して,2022年のWebアクセシビリティの短期的な予測をしてみます。

WCAG 2.2とWCAG 3.0

WCAG 2.2に関しては,2020年末では2021年2月にCandidate Recommendation(勧告候補)になる予定だったものが,ずるずるとスケジュールが後ろ倒しになっており,執筆時点の2021年12月初頭になっても未だに勧告候補のステータスにはない状況です。一方で,執筆時点でのWhat’s New in WCAG 2.2 Working Draftによれば,2022年6月にRecommendation(勧告)を発行するスケジュールとのことです。

このスケジュールに間に合わせるのであれば,逆算すると4月までに勧告候補を発行する必要があります。よって,4月に勧告候補が発行されているかどうかがターニングポイントといえるでしょう。

1年前の記事で取り上げたWCAG 3.0に関しては,2021年1月に最初の草案が発行され,2021年の6月と12月の2回にわたって更新こそされましたが,最初の草案から表面上は大きな動きは見られませんでした。

その一方で,コントラスト比の新たな考え方として提唱されているAPCAについては,バージョンが0.98G 4gにアップデートされています。Lookup Tableに注目するとわかると思いますが,一見して基準を満たせているのかが判断できないような,かなり複雑なコントラストの計算結果となっています。バージョンが1に満たないことから,まだまだ追加のアップデートがされていくことでしょう。

これとは別に,Explainer for W3C Accessibility Guidelines (WCAG) 3.0という草案文書が発行されましたが,これはWCAG 3.0の2021年1月版の一部を切り出した上で,WCAG 3.0とは何者なのかを説明した文書という認識であり,この文書自体に目新しい情報はないと思われます。

WCAG 3.0の動きはWCAG 2.2が勧告候補に達してから議論が本格化していくことになるでしょう。

JIS X 8341-3:2016について

JIS検索によれば,2020年10月20日付けでJIS X 8341-3の確認が実施されています。原則として5年ごとに規格の確認が行われますから,次回の確認は遅くて2025年となり,主に海外情勢の変化による特段のアクションがなければWCAG 2.0の一致規格であり続けるといえます。

ただし,WCAG 2.2がISO化されてWCAG 2.0から更新されることになれば,ISOとの一致規格であるJISも原則として更新されることになります。仮にWCAG 2.2が6月にW3C勧告となり,勧告と同時にISO化のプロセスが開始されるとしても,今年中にISO化されることはないといえます。

EPUBアクセシビリティ

2021年初頭にISO/IEC 23761が発行されました。これは,電子書籍の規格であるEPUBに対するアクセシビリティの適合要件を定めるものであり,W3C Member Submissionとして発行されたEPUB Accessibility 1.0をベースとするものです。EPUB Accessibility 1.0については,日付が古いものですが有志による翻訳文書も存在します。

EPUB Accessibilityがどのような適合要件を要求しているのかですが,4.3 WCAG Conformanceから1文を引用しますと,

EPUB Publications must meet [WCAG 2.0] Level A to be conformant with this specification, but it is recommended that they meet Level AA.

と記述されており,端的にはEPUB出版物はWCAG 2.0レベルAを満たさなければならないとあります。

この国際規格はJIS X 23761としてJIS化作業が進められていますEPUBアクセシビリティのJIS規格化について|日本DAISYコンソーシアムも参照⁠⁠。JIS X 23761の策定とともに,電子書籍業界にWCAGをベースにしたWebアクセシビリティの考え方が浸透していくきっかけの年になるといえそうです。

なお,W3CではEPUB Accessibility 1.0の後続となるEPUB Accessibility 1.1の策定作業が進められています。上記の引用箇所の文言は変更が入っていますが,EPUB Accessibility 1.1は策定途上であるため,ひとまずは脇に置いておくとよいでしょう。

アクセシブルなルビ

2021年10月に,日本DAISYコンソーシアムがブラウザベンダー,W3C,WHATWG宛ての公開書簡を送付したのは記憶に新しいところではありますOpen Letter to Browser Vendors, W3C, and WHATWG: Towards Accessible Ruby⁠。

この文書で指摘されている既知の問題の1つとして,HTMLにルビが含まれている場合に,スクリーンリーダーはそのHTMLのルビを読み上げてくれないという問題があります。

これは現状のWAI-ARIA仕様にruby要素をはじめとするルビ関連のHTML要素について,ロールの規定がされていないことが直接の原因になります。しかし,この問題に対処するためには,単にWAI-ARIAに手を加えるだけにとどまらず,HTMLやCSSも絡めて考慮する必要があると考えます。そのため,短期的に大きな動きが起きるとは考えにくく,中長期的な議論が必要になってくるでしょう。

著者プロフィール

中村直樹(なかむらなおき)

株式会社ミツエーリンクス 第六事業部アクセシビリティ部所属。ウェブアクセシビリティ基盤委員会 作業部会4(翻訳)の2016年立ち上げ当初より作業協力者として参加。現在は委員として活動。