サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方

第32回 Webサイトを分析しよう!「Google Analytics」(分析入門編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Google Analyticsおさらい

さてさて。

まずは前回のおさらいからはじめましょう。

「Google Analytics(グーグルアナリティクス⁠⁠」というのは,Google社が提供している,⁠Webサイトの分析を行う,無料のサービス」です。

……と,前回も書いたのですが。よくよく調べてみたら有料コースもありました。⁠Google Analyticsプレミアム」と言うようです。

驚くなかれ,お値段なんと「月額100万円」「Google Analyticsプレミアム」⁠。

アクセス数がハンパなく多い(月間数千万人が利用しているような)サイトを運用している場合は,こちらにしてくれとのこと。

さすがにこれだけ多くの人を集めるWebサイトを運用するケースも稀ですので……,ワタシたち普通人にとっては他所の世界の話ですね。とりあえず「実質無料」と考えて良さそうです。

で,その「Google Analytics⁠⁠。使い方の流れはこんな感じでした。

  • STEP1:「Google Analytics」にユーザー登録をする
  • STEP2:自分の専用の「Google Analytics」のコード(トラッキングコード)を取得する
  • STEP3:分析したいWebサイトの各ページに,取得したコードを設置する
  • STEP4:設置したコードが,自動的に各種データを「Google Analytics」のサーバーに送信する
  • STEP5:送信されてきたデータが,⁠Google Analytics」のサーバーで集計される
  • STEP6:集計結果を見て色々とショックを受ける

前回は,このうちのSTEP3までをやりました。最後にSTEP4のテストとして,リアルタイム分析画面で自分のアクセスを見たんでしたね。

思い出しましたか?そうそう,ちゃんと届いてましたよね~,自分のアクセスデータ。ちょっとドキドキしましたね。

ではでは,STEP3までの内容を思い出したところで,今回はSTEP4以降のお話をしていきます(まだ微妙に自信がないデス,というアナタは,前回の記事を最初からチェック!⁠⁠。

Google Analyticsの仕組み カンタン解説の続き

STEP3でWebサイトにトラッキングコードを設置したことにより,STEP4として,みなさんのWebサイトに誰かが訪問すると,その情報が「Google Analytics」のサーバーに送られるようになりました

この処理は,Webサイト(WordPress)が乗っているサーバーと,⁠Google Analytics」のサーバーとの間で直接やり取りしていますので,みなさんがいちいち「Google Analytics」の画面を開いて何かをする必要はありません。

24時間365日,文句も泣き言も,⁠時給が低いからバイト辞めます」も,⁠昨日飲み過ぎで寝坊しました」も,一切言うことなく働き続けます。こういう処理を見ていると,⁠サーバー」とか「システム」とかってスゲェな,と思いますねえ。

こうして,STEP4は静かに行われていくのでした。

ちなみにGoogleのアナウンスでは,⁠受け取ったデータは,25週間(約2年間)保持します」ということでして。永遠に保持してくれるわけではないようです。

ですが,25週間を過ぎても保持されていることが多いです。今のところ,⁠過去データがキレイサッパリ消えている」というシーンをワタシはほとんど見たことがありません。どうやら,⁠確実に保証するのは25週間までよ」ということみたいですね。

さて。Webサイトが乗っているサーバーから,⁠Google Analytics」のサーバーに送られてきたデータは,STEP5として,「Google Analytics」のサーバーの上で自動的に集計されていきます

アクセス数が膨大なサイトもありますからね。大量に送られてくる生データを,そのままテキストファイルのような感じでズラズラ~っと見せられても,我々きっと困ってしまいます。

ですので,日付ごとや,ページごとなど,こちらが見やすくなるカタチになるよう,自動的に集計してくれるわけです。

ちなみに,少し前までの「Google Analytics」は,データの集計が完了して画面で見ることができるようになるのに1日ほど時間がかかったのですが,現在は即時に画面に反映されるようになりました。前回見たリアルタイムレポートも,まさに「その瞬間」を見ることができましたよね。

24時間365日,文句も泣き言も,⁠現在山手線を逆走中で遅れます」も,⁠働いたら負けかなと思っています」も,一切言うことなく働き続けます。こういう処理を見ていると(以下略)

こうして,STEP5も静かに行われていくのでした。

Google Analyticsレポート入門

さてさて,いつの間にかSTEP5の集計までが完了しましたので,ドッキドキのSTEP6,集計結果を見に行くことにしましょう!

前回「Google Analytics」のユーザーアカウントを取得したと思いますので,こちらからそのアカウントでログインをどうぞ。

ログイン後の「Google Analytics」はこんな感じ

ログイン後の「Google Analytics」はこんな感じ

スパっとレポートの画面に行くのかと思ったら,「ホーム」画面なる一覧画面が出てきました。

この一覧は何かと言うと,みなさんが「Google Analyticsで管理しているWebサイト」の一覧です。

実はこの「Google Analytics⁠⁠。ひとつのユーザーで,複数のWebサイトをまとめて管理・分析することができるようになっていまして,実際にそうする機会が多くなります。ですので,最初に「どのWebサイトを見るのか選ぶ」のが標準形になっている,というわけですね。

今回は行いませんが,管理するWebサイトを追加したい場合は,ヘッダーメニューの「アナリティクス設定」から行います。

「新しいプロパティを作成」リンクをクリックすると,前回出てきたWebサイトの登録画面が出てきますので,前回と同じ流れで登録しましょう

「新しいプロパティを作成」リンクをクリックすると,前回出てきたWebサイトの登録画面が出てきますので,前回と同じ流れで登録しましょう

今はまだひとつしかWebサイトの登録をしていませんので,こちらのホーム画面は特に気にせず,ヘッダーメニューから「レポート」を選んでください。

レポート画面がこちら。今後はこの画面を中心に見ていきます

レポート画面がこちら。今後はこの画面を中心に見ていきます

今見ている画面が「Google Analytics」のメインとなる,「レポート」画面です。

先ほどSTEP5でお話したように,⁠Google Analytics」はデータの集計を自動的にやってくれますので,途中経緯をすべてすっ飛ばして,みなさんが見るのは集計後の状態になります。

(……が,設置したてですので,中身が見事なくらいに空っぽですねえ。これではさすがにどう集計されているのかがわかりにくいですので,この後は別のWebサイトのスクリーンショットを使います)

画面の配置は,左側に「各種レポートのメニュー⁠⁠,右側に「選択したレポートの詳細」が表示されます。WordPressの管理画面と同じような作り,と思えばわかりやすいですね。

左側に並んでいる各種レポートは,ザックリ分けると次の5種類があります。他にも様々なレポートがありますが,とりあえず最初はこの5種類からいきましょう。

著者プロフィール

カワサキタカシ(かわさきたかし)

元アイ・ビー・エムERPコンサルタント,元アップル教育ソリューション開発者兼営業,他にも様々な経験を経て,人材育成会社『株式会社マイウェイ』を夫婦で起業。現在,同社の取締役兼なんでも担当。

「Webサイト」から「iPhoneアプリ」,「ビジネスサービス」から「会社」まで,『作ること』が好き。そして作る楽しさを誰かに『教えること』も好き。楽しく作る技術を学ぶコミュニティ,『サルでき.jp』をぐーたら管理中。

著書に『iPhoneアプリ開発塾』(技術評論社),『サルにもできるiPhone同人誌の創り方』(飛鳥新社)がある。

株式会社マイウェイ Webサイト
株式会社マイウェイ Facebook
カワサキタカシ Facebook
サルでき.jp


企業サイト作り(運用)にお困りの経営者さま・Webご担当者さま。ワタシ,『企業サイトを楽しく作る(育てる)ためのサポートサービス』もやっております。困り果てて現実逃避の小旅行に出かける前に,是非一度弊社Webサイトまでお気軽にご相談くださいませ。