いま,見ておきたいウェブサイト

第159回 Google しごと検索,Nike Adapt BB,Google Stadia

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

じっとりとした空気とスッキリしない天気。なかなか明けない梅雨にやきもきしている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいウェブサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

いつもの検索で,しごと探せます

Google しごと検索
Google Japan Blog: Google しごと検索で,仕事探しをもっとスムーズに!

2019年1月23日から開始された,ウェブ上の転職求人情報サイトや企業の採用ページなどの求人情報を検索結果として表示するサービス,⁠Google しごと検索」です。

図1 Googleの検索結果に表示される「Google しごと検索」の提供開始を知らせる「Google Japan Blog」のエントリー

図1 Googleの検索結果に表示される「Google しごと検索」の提供開始を知らせる「Google Japan Blog」のエントリー

今回,日本で始まった「Google しごと検索」は,すでに海外で2017年6月から「Google forJobs」という名称で開始されていた求人情報の検索機能です。ユーザーがGoogleを使って求人を探した場合,インターネット上の求人情報を自動で取得して,検索結果として条件に合った情報を提供します。

「Google しごと検索」はあくまで検索サービスのため,求人ページを作成する必要がある点や求人情報を直接作成できないこと,費用を追加して検索上位へ表示させる広告枠がないことなど,他の求人情報サイトでは可能なサービスが提供されていません。

それでも「Google しごと検索」によって,Google検索の上位にくるという点は,検索して求人情報を探すユーザーに対して,非常に大きな効果があるでしょう。

求人情報サービスでも,Googleはトップに立てるか

求人情報サービスが多数ある中で,ユーザーがいくつもサービスを横断しながら,自分にあった求人情報を探していくのは非常に面倒です。もしサービスに関係することなく,インターネット上にある求人情報を一度に検索できれば,ユーザーにとっての利便性が向上し,非常に使いやすくなります。

今回始まった「Google しごと検索」は,インターネット上の求人情報を一度に検索できますが,すでにこうした求人情報の検索サービスは始まっています。

図2 インターネット上にある求人募集情報のアグリゲーションサービスとして有名な「Indeed」のウェブサイト

図2 インターネット上にある求人募集情報のアグリゲーションサービスとして有名な「Indeed」のウェブサイト

その代表格が,2012年にリクルートが買収したIndeedでしょう。⁠Indeed」は,インターネット上にある求人募集情報のアグリゲーションサービス(複数の情報を集約して1つのサービスとして提供するサービス)です。ユーザーの希望する条件にマッチした求人情報を提供するだけでなく,応募や履歴書の管理も行えるため,非常に使い勝手の良いサービス となっています。

すでに「Indeed」を始めとする求人情報検索サービスが多数ある中で,今回始まった「Google しごと検索」が優れている点があるのでしょうか。

Google検索では,さまざまな求人サービスよりも,⁠Google しごと検索」の求人情報が上位に表示されます。このためユーザーが「求人情報をGoogleから探す」というルートから来るのであれば,⁠Google しごと検索」に対応することは大きなメリットとなるでしょう。

図3 ⁠Google しごと検索」の求人情報が上位に表示される点は,大きなメリット

図3 「Google しごと検索」の求人情報が上位に表示される点は,大きなメリット

個人的には,数ある求人情報サービスへの優先的なアクセスを分けるものは,ユーザーを「使い慣れた検索からスタートさせる」のか,⁠求人情報に特化した専門的サービスからスタートさせる」のかという,情報検索時のルート選択であると考えています。

図4 多くの動画が並ぶ「Indeed」のYouTubeチャンネル。ネット上の動画だけでなく,テレビCMなどの広告にも力を入れており,知名度の向上を図っている

図4 多くの動画が並ぶ「Indeed」のYouTubeチャンネル。ネット上の動画だけでなく,テレビCMなどの広告にも力を入れており,知名度の向上を図っている

「Indeed」は,テレビCMなどの広告費を重視して,サービスの知名度アップを図っています。求人情報を探す場合に,ユーザーを直接「Indeed」のウェブサイトやアプリへと誘導できれば,⁠Google しごと検索」と競合することはありません。さらに「Indeed」を一度使わせてしまえば,⁠Google しごと検索」にない応募や履歴書の管理機能を生かして,ユーザーの囲い込みもできます。

「indeed」を買収したリクルートですが,2018年5月には,アメリカの「Glassdoor」を買収しています。⁠Glassdoor」は,企業に対する口コミ情報を中心にした求人情報検索サービスを運営していることから,今後「indeed」に口コミ情報に関連した機能の追加がされると考えられます。

Googleが「Google for Jobs」を開始した時,アメリカでは「Indeedの時代はもう終わった」といった意見もありましたが,現在も求人情報サービスでは,シェアトップの位置を占めています。

いずれにせよ,今後もユーザーにとって使い勝手の良い,質の高いサービスを提供していく努力を続けていくことが,求人情報サービスの成功へとつながる鍵となるでしょう。⁠ソーシャルリクルーティング」と呼ばれるSNSを活用した求人活動など,求職活動もここ数年で多様化が進んでいます。⁠検索=Googleで検索すること」ではなく,滞在時間の長い「Twitter」「Instagram」などのSNS上での検索や,スマートスピーカーのような新しいデバイスを通じた検索など,検索への入り口が多様化するのに合わせて,それらに対応した求人検索サービスがこれからも登場してくるのではないでしょうか。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。