一般記事

[夏休み応援企画]Scratchではじめるプログラミング学習&自由研究

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6.5 分

プログラミング学習にScratch(スクラッチ)が注目を集めています。この記事では,Scratchとはなにか,どういう学び方があるのか,自学自習の指針,そして自由研究のための活用法を紹介します。主に小学校中学年以上の子どもを想定した内容です。

今注目のプログラミング教育とScratch

2020年度から小学校でのプログラミング教育がスタートしました。導入初年度で現場にノウハウがなく,新型コロナウィルスの影響で授業計画の見直しが必要となったこともあり,2020年度春段階では本格的にスタートしていない学校がほとんどです。このためプログラミングやプログラミング教育がどんなものかお子さんも保護者の皆さんもつかめていないのではないでしょうか。

プログラミング教育というとなんだか難しそうに聞こえますが,実はその大きな意味での目標は簡単なものです。プログラミング教育とは,⁠コンピュータを自分の思い通りに動かしたい」とき,どうすればいいのか考える力を養う取り組みです。コンピュータを思い通りに動かせるという経験をしたり,普遍的なプログラミング的思考を身につけたりすることと表現してもいいでしょう。コンピュータを思い通りに動かすために行うのがプログラミングです。

コンピュータとプログラミングの重要性は社会でますます高まっています。プログラマーなどプログラミングを仕事にする場合以外も,プログラミング教育を通してコンピュータを自由に動かす経験を積み,その能力を得ることには大きな意味があります。

プログラミングでは,正解はひとつではありません。⁠コンピュータに目的の動きをさせる」ことがゴールなので,自分だけの方法でプログラミングしてかまわないのです。そのため,問題と答えが一対となっているような学習と比べて,創造性が発揮しやすくなります。

仮説を立ててプログラムを作成・実行し,それが正しかったことが証明される。その達成感のくりかえしがプログラミングの醍醐味です。プログラミングは「自分で考えてやってみる力」を育むのに絶好の機会といえるでしょう。プログラミングは何度失敗してもやり直して改善できるので,仮説が間違っていたり,プログラムが間違っていたりしてもくじけずにトライしていきましょう。

プログラミング教育において人気があるのがプログラミング言語のScratchです。プログラミング言語そのものだけでなく,プログラムを書くための各種の道具(開発環境とも呼ばれます)や交流機能(掲示板⁠⁠,他の人のプログラムで遊べる機能なども含みます。無料で手軽なプログラミング教材として世界中の学校や教室(ワークショップ⁠⁠,家庭で使われています。

Scratchの公式サイト

Scratchの公式サイト

Scratchの最大の特徴は視覚的なブロックを組み合わせるだけでプログラミングができることです。一部文字入力などはありますが,ソースコード(プログラミングの命令文)の入力は必要ありません。こういった視覚的に組み立てられるプログラミング言語は,ビジュアルプログラミング言語とも呼ばれています。タイピングをせずにプログラムできるので,タイプミスのエラーがなく,小さな子供もプログラミングを楽しめます。

Scratchプログラミングの実際

Scratchプログラミングの実際

プログラム制作だけでなく,他の人の作成したプログラムを鑑賞する機能があったり,アイデアを話し合うフォーラムがあったりと幅広い楽しみ方ができます。

先生がいなくても,特別な道具がなくても,無料で楽しく学べる

Scratchは無料ですぐに使えるので,プログラミングを家庭で学ぶにはぴったりです。

Scratchさえあれば道具は揃いますが,実際にどうやってプログラミングを教え,学んでもらえばいいのでしょう? プログラミング学習というと教室に通って,しっかり習い事として学ばなくてはいけないと考えている人もいるかも知れません。もちろん,専門知識や指導経験のある人と学習することには大きな意味があります。ただ,学校で教えてもらえなくても,プログラミング教室に通わなくても,Scratchは学習のための情報源が多くあり,お家で十分に自学自習できます。

公式サイトをWebブラウザで開いて,⁠作ってみよう」をクリックするとScratchのプログラミング画面が表示されます。初回表示時は初心者向けのチュートリアル動画が用意されているので,これをみると概要が学べます。また,画面上の「チュートリアル」をクリックするとチュートリアル一覧が表示されて,興味のある内容を学べます。

Scratch公式サイトにあるチュートリアルの1つ

Scratch公式サイトにあるチュートリアルの1つ

※)
チュートリアル一覧から視聴できる動画は現在英語音声,日本語字幕のみのものが多いです。小学校低学年から中学年ぐらいのお子さんには少し難しいかもしれません。

子供向けの書籍や動画がたくさんあるので,これらから面白そうなものを探して,お子さんに自分のペースで始めてもらいましょう。動画としては有志がYouTubeに公開したものや,NHKが公開しているプログラミング番組のものがあります。動画なら難しい漢字が読めない低学年や中学年のお子さんも学べます。

こういった情報源を活用して,少しずつプログラミングを学んでいきましょう。

子どもに楽しくプログラミングを学んでもらうために

プログラミングの自学自習はほかの習い事一般と比べてだいぶスムーズですが,どうしても一人で学習するとつまずいてしまうことがあります。特に顕著なのがモチベーション,目的意識の課題です。

筆者はプログラミング教室を運営し,教室外でもワークショップ開催などを行っています。そんな中,多く目にするのが,子どもたちの「プログラミングで何を作っていいのかわからない……」という悩みです。ヒントや課題を与えてくれる教室などに通っていないと,ますますこの傾向は強くなるででしょう。

こういった問題にぶつかったとき,細かいカリキュラムを与えたり,プログラミングの知識を詰め込んだりする学習方法も思いつきますが,自学自習に保護者が協力するという形式だと難しいです。何より無理に学習してもらおうと思っても,多くの場合身につきません。

著者プロフィール

大角美緒・大角茂之(おおすみみお・おおすみしげゆき)

岡山県を中心に小学生向けのプログラミング教室を運営。プログラミングワークショップを定期的に開催し,子どもたちにプログラミングの楽しさを伝えている。著書に『10才からはじめるプログラミング scratchでゲームをつくって楽しく学ぼう』がある。

ロジックラボ for kids:http://www.logic-lab.net/

バックナンバー

2020

  • [夏休み応援企画]Scratchではじめるプログラミング学習&自由研究