OSSデータベース取り取り時報

第51回 「企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況」報告,MySQL 8.0.18リリース,PostgreSQL 12リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。今回,OSC.Enterpriseでの特別セミナーの報告をします。また,MySQL 8.0.18がリリースされ,PostgreSQLはメジャーバージョン12が正式にリリースしました。

OSC 2019 .Enterpriseでの特別セミナーの報告(発表資料公開あり)

前回お知らせのとおり,私たちOSSコンソーシアムは,10月10日(木)に東京の渋谷で開催されたオープンソースカンファレンス(OSC)2019.Enterpriseに出展しました。今回は,オープンCOBOLソリューション部会とデータベース部会が担当し,特別企画セミナーを実施。ほぼ満席となる多くの方にご参加いただきました。

開催概要『企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況 ~ もちろんOSS視点で ~』

このセミナーはOSSコンソーシアムとオープンソースビジネス推進協議会(OBCI)の共同企画です。企業ITに使えるOSSの最新状況をお伝えすることを狙っており,今回はITモダナイゼーションの観点から,opensource COBOLでのOSSデータベース接続やDockerコンテナ対応の話と,代表的なOSSデータベースの最新情報をパッケージにしました。企業ITシステムのプラットフォーム選択の一助としていただけたのではないかと思っています。

セミナー講演者(東京システムハウス 井坂氏:左上,日本オラクル 稲垣氏:右上,SRA OSS Inc. 北山氏:左下,MongoDB 有延氏:右下)

セミナー講演者(東京システムハウス 井坂氏:左上,日本オラクル 稲垣氏:右上,SRA OSS Inc. 北山氏:左下,MongoDB 有延氏:右下)

ITモダナイゼーションとOSSデータベース

[講師:井坂徳恭さん(東京システムハウス,OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会⁠⁠]

プログラミング言語のCOBOLに関わっている方は,企業ITの世界では少なからずいるものの,割合としてはそれほど多くないのも事実です。しかしちょっとだけ大局的な視点に立つと,過去のソフトウェア資産を新しいプラットフォームに移行しなければいけないケースは,COBOLに限りません。ITモダナイゼーションの課題はCOBOL以外でも継続して残り続けるでしょう。今回の発表はその様なITモダナイゼーションを考える方にヒントを与えてくれたのではないかと思います。

今回の企画は全体としてはデータベースに寄ったものでしたので,まず最初にopensource COBOLとはどういうものかが紹介され,それからDBアクセスの手法と,COBOLを稼働させるコンテナ環境の紹介がありました。以下,発表内容からDBアクセスの手法について簡単に紹介します。

opensource COBOLでは,⁠EXEC SQL」という構文を持っていて,COBOLプログラムの中にSQLが直接記述できます。このSQL構文はプリコンパイラによって処理されて,DBアクセス関数に変換されで実行されます。PostgreSQLでもC言語での埋め込みSQLのプリコンパイラ機能がありますが,COBOLで実現する手段は存在しなかったため,Open COBOL ESQL 機能を開発したそうです。

また,従来のCOBOLアプリケーションではリレーショナル型ではなくて,階層型やネットワーク側のDB構造がよく使われてきました。opensource COBOLではこれらのデータ構造の移行手段として,MongoDBやOrientDBなどNoSQLへのアクセス手段も用意しようとしているとのことです。古いCOBOLと新しいNoSQLが,意外なところで相性の良さを見せるのかもしれません。

OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会では,ここで紹介したopensource COBOLの拡張機能開発やパッチ作成,情報発信をしていますので,関心を持たれた方はアクセスしてみてください。

MySQL Update

[講師:稲垣大助さん(日本オラクル MySQL GBU⁠⁠]

MySQLが登場して24周年,PostgreSQLと並んで定番中の定番ですが,今でもどんどん改良が続くMySQLが変化しつづけている状況が,わかりやすく簡潔に説明されました。この連載をご覧いただいている方は,MySQLが頻繁にアップデートされていることはご存知とは思いますが,まとめて聞くとそのスピードに驚かされます。

今回の発表では2018年4月にリリースされた8.0.11からスタート。その後,3ヵ月に1回かそれ以上の頻度でアップデートを繰り返して,このセミナー時点で8.0.17。各リリースで多数の改良点が加えられていることを考えると,18ヵ月間の7回のリリースでものすごい変化を達成しています。

本連載ではMySQLの最新情報が毎月記載されてきていますので,ここでは個別のリリースの詳細に踏み込むことは省略します。後述のMySQLの章では,さらに次の8.0.18について解説しています。

PostgreSQL 12新機能紹介

[講師:北山貴広さん(SRA OSS Inc. 日本支社,OBCI⁠⁠]

このセミナー直前の10月3日に,新メジャーバージョンPostgreSQL 12が正式リリースとなりましたので,そのバージョン12の新機能や注意点の要約が説明されました。過去のこの連載でも取り上げた大規模パーティションでの性能向上は,やはり注目すべき改良点です。その他に,旧バージョンから仕様が変更された点もあるので要注意です。

今回はメジャーバージョンアップなので,新機能も多数含んでおり,仕様が変わった点もあります。基本的にはPostgreSQLでは,安定的で管理されたリリースが重視されています。新機能や仕様変更は今回の様なメジャーバージョンアップで実現され,マイナーバージョンアップはバグフィックスや小さな改良が中心になります。このあたりの考え方や方針がプロダクトによって異なることは知っておくべきでしょう。

MongoDB Update

[講師:有延敬三さん(MongoDB⁠⁠]

データベース比較セミナーなどの私たちの企画セミナーでは,MongoDBは初登場でした。まず,MongoDBの概要が簡単に紹介されました。MongoDBはドキュメント型に分類されるNoSQLです。世界で人気のあるDBMSランキングでは盤石のトップ3を追い上げ中で,PostgreSQLと共に第2グループに入っています。NoSQLカテゴリでは文句なしの1位です。

昨今ではJSON型データを扱えることが世の趨勢になっているようで,前述のMySQLやPostgreSQLでもJSON型についての説明が必ずといっていいほど入ってきます。MongoDBはJSON型に特化したDB(いわば専門家)で,いわゆるハイブリッド型としてJSON型も持っているのではありません。JSON型データを扱うのであれば,MongoDBが得意分野だと言えるでしょう。

発表スライド資料の公開

上記では概要のみ紹介しましたので,発表内容にご関心を持たれた方に向けて,発表スライド資料の公開を許可いただきました(一部割愛したページもあります⁠⁠。OSSコンソーシアムのWebサイトにコンテンツまたはリンクを掲載していますので,アクセスしてみてください。

なお,前々回と同様にちょっとフライング気味の情報ですが,この特別企画セミナーについては講演のビデオを公開できそうです。現在,公開に向けて関係者と調整中&コンテンツ制作中です。可能になった場合は上記のOSSコンソーシアムWebページで公開しますのでご期待ください。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。