OSSデータベース取り取り時報

第57回 オープンソースカンファレンスがオンラインで大盛り上がり,MySQLオンラインセミナー開催中,PostgreSQL最新情報

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

オープンソースカンファレンスがオンラインで大盛り上がり

オープンソースカンファレンス(OSC)は, COVID-19(新型コロナウイルス感染症)への対応として,2月の東京春,4月の浜名湖,そして5月予定の名古屋も開催中止となりました。OSSは本来的に多くの人の協力で成り立っているものです。同じ場所に集まることができなくても,共創の場を持ちたいという皆の思いから,オンラインでの開催,「オープンソースカンファレンス2020 Online/Spring」が4月24日(金)と25日(土)に実現しました。本連載の前号でお知らせできませんでしたが,実はこのイベントが4月に入ってから決定したものだったからです。スタッフのみなさんは決定から約2週間という全力疾走での準備となりました。

元々Web会議のZoom(ズーム)で開催予定でしたが,募集期間が短いのにもかかわらず参加表明が数日前には500人を超え(最終的には800名超⁠⁠,各トラックが100人では収容しきれないことが明らかでした。そこで急遽,ZoomとYouTubeライブ配信(OSPN.jpチャネル)の組合せとなりました。セミナーは2日間とも3トラック構成でしたが,どのセミナーもほぼ100名かそれ以上,多いもので300名近くの方に聴講いただけた様です。2日目のセミナー修了後は約100名の大規模オンライン懇親会でした。

以下では, OSSデータベース関連セッションの内容を報告します。OSSコンソーシアム データベース部会でも,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)やその他の企業にも協力をいただいて,セミナーとパネルディスカッションを実施しました。

Apache Cassandra 最前線 ―冨田和孝さん(日本Cassandraコミュニティー/INTHEFOREST 代表取締役)

データベース部会の仲間でもある冨田さんによる,Apache Cassandraの最新情報です。今回は次期メジャーバージョンである4.0のトピックスを解説いただきました。

まず,Java 11がサポートされるようになりました。Java 8とJava 11の両方がサポートされますが,ビルド環境と実行環境の組み合わせでは注意が必要になります。Cassandraの場合に限らず,Javaのバージョンはちょっと面倒な問題です。

システム内部情報をCQL(Cassandra Query Language)で取得する仮想テーブルや,監査ログの実装,クエリログの保存が可能になるなど,安心して運用するための整備がすすんでいる様です。これらはRDB系の定番DBでも発展と共に整備されてきた機能ですので,Cassandraが運用機能の面でもキャッチアップしつつあることの表れでしょう。

この4.0ですが,現在α版の段階で,今後ベータ版,RC版と続き,2020年中か2021年前半に正式リリースされるだろうとのことです。

冨田さんの発表画面(Cassandra Roadmap)

冨田さんの発表画面(Cassandra Roadmap)

MongoDB+Neo4j(ドキュメントタイプとグラフタイプの選び方,まとめて解説) ―李昌桓さん(クリエーションライン シニアアーキテクト)

昨今ではデータを取り巻く大変革が起きています。たとえば,データ量の爆発,データタイプの多様化,可変的構成,高速処理要求,分析手段の多様化などです。これら多様なデータを獲物だとすると,獲物が豊富だと捕食者も繁栄することになり,DBの種類も多様化しています。現在世界には14のカテゴリ,355のDBMSが存在します。複数種類のDBの利用(使い分け)があたりまえになりますが,その際にはどの様なデータモデルかが決め手になります。この観点を礎として,MongoDBとNeo4jの概要を解説されました。

MongoDB

ドキュメント型に分類されるMongoDBは,設計・開発のスピードアップにコミットしたDBということになります。JSONの利便性と柔軟性を活かしたデータモデルと,スキーマレスという特徴を持ちます。MongoDBの用語でいうところのEmbedded Data Models(非正規化)を正とし,Normalized Data Models(正規化)を副して,これらを併用することで⁠過不足が無い⁠設計が可能になるとのこと。これは,言葉では説明しにくいので,発表のスライド資料などを参照していただくのが良いと思います。

Neo4j

グラフDBの代名詞とも言えるのがNeo4jです。特徴を簡潔に表現すると「非常に複雑なデータ処理に特化したDBである」とのこと。複雑な処理ならRDBだって複雑なことを処理するだろうとも言えますが,聴講内容を筆者流に言い換えてみます。グラフDB的な考え方では「データ分析の大半は複雑な⁠つながり⁠を理解しようとしている」ので,Neo4jはその様な複雑なつながりを処理することが他のDBよりも得意だということでしょう。つまり,複数種類のデータ間の関係は,RDBでは複数テーブルのJOINで実現することになりますが,多数のJOINは性能が大きく悪化します。Neo4jではデータ(ノード)間の関係(リレーション)を効率よく表現できることが長所だということですね。

李さんの発表画面(DBの主要4カテゴリとデータモデル)

李さんの発表画面(DBの主要4カテゴリとデータモデル)

MySQL開発最新動向 ~MySQL Database Serviceの最新情報もご紹介~ ―梶山隆輔(Oracle Corporation MySQL GBU)

OSCでは常連のMySQLセミナーですが,今回は複数種類のDBを並べたトラック構成を踏まえて再入門的な内容となりました。MySQLとはどんなDBなのかを把握できるように,過去から近い将来に向けての全体像をまとめた内容です。たとえば,5.7から8.0に飛んだバージョン番号の逸話や,ライセンスの両立性の話,そして,まもなく開始されるクラウドサービスについて説明しました。また,SQLデータベースとしての面だけでなく,NoSQL APIを持った多機能なDBとしての面についても解説しました。

梶山さんの発表画面(RDBMSとNoSQLデータストアの併用)

梶山さんの発表画面(RDBMSとNoSQLデータストアの併用)

その他のセミナーセッション

上記で詳解したセッション以外にも,時系列DBの比較や,OSSデータベースへのマイグレーションの発表がありました。

パネルディスカッション「多様性時代のDB選択」

1日目の最終セッションとして,前述の冨田さん(INTHEFOREST⁠⁠,梶山(日本オラクル)に,PostgreSQLスペシャリストとして高塚遙さん(日本PostgreSQLユーザ会 理事/SRA OSS Inc. 日本支社)にもパネリストとして加わっていただき,溝口(TIS)がモデレータとなってパネルディスカッションを行いました。

「多様性時代のDB選択」というテーマの背景には次の様な思いがあります。今ではさまざまな特徴ある優れたOSSデータベースが実用可能なレベルになっているのに,現場,特にエンタープライズ系の現場では,特徴に合わせた使い分けが進んでいないので,その硬直性を打破するきっかけやヒントを得たいという思いです。

パネリストに投げかけた質問の一つは,⁠使い慣れた商用RDBに固執する状況に賛成か反対か,または賛成じゃ無いけど同情するか」というものです。これについては,DBを切り替えるのはたいへんなパワーが掛かるので,なかなか思い切って進められないことに同情する(事情は理解できる)という意見が多かった様です。また,それぞれMySQLやPostgreSQL,Cassandraのスペシャリストとして活動している方たちのところには,DBを変えたくないというのとは逆に「早く変えたい」というユーザの相談もあり,⁠ゆっくり慎重にやりましょう」とブレーキを掛けるケースすらあるとのことで,逆向きの力が拮抗している様子が見受けられます。

もうひとつ「いろんなDBに目を向けてもらうためには誰を攻めるのがいいと思うか」という質問も投げかけてみました。これについては,⁠攻める相手は経営者一択」という意見,⁠開発を発注した先(SIerでしょうか)が壁になっている場合が多い(のでそれ以外を攻める⁠⁠」という意見,⁠既存システムのDBを切り替えるのはしんどいので)新しいビジネスを始めるところから新しい道具を」という意見がありました。OSSの推進が技術者目線・現場目線であることが多いのですが,今以上にビジネス目線で進める重要性が増しているのでしょう。

パネルディスカッション動画配信の様子

パネルディスカッション動画配信の様子

さて,今回の様に全員が離れた場所からのパネルディスカッションは,OSCとしても私たち登壇者としても初の試みでした。もしトラブルがあったらその場で考えようという,出たとこ勝負での強行でした。ときどき回線のつながりにくさがあった以外は,予想以上に無事に実施できたと思います。これはOSCを支える事務局とボランティアスタッフの皆さんの献身的なサポートのおかげです。心から感謝いたします。

資料や発表ビデオの公開について

今回の発表資料については,すべてではありませんが,資料公開ページにまとめられています。また,ZoomおよびYouTubeで配信した動画も,講演者が承諾したものについては順次公開される予定です。

上記で紹介したOSSデータベース関連の情報については,OSSコンソーシアムのWebサイトにもまとめておきます。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。