OSSデータベース取り取り時報

第58回 OSS-DB入門セミナー開催,MySQL 25周年,PostgreSQL 13ベータ版登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

OSC Online/Nagoyaで「二大OSS-DB&アプリ開発“超”入門」セミナー

オープンソースカンファレンス(OSC)名古屋は会場での通常開催からオンラインに切り替わり,5月30日の開催となりました。当然ですがオンラインですから地理的な制約がありません。セミナーは5または6トラックが並ぶ充実のラインナップとなりました。

データベース部会では,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)と共同で企画セミナーを実施します。⁠OSSデータベース入門セット ~二大OSS-DB & アプリ開発⁠超⁠入門」という2枠連続セミナーで,次のような内容です。

  • 「NoSQL+SQL=MySQL」ってどういうこと?MySQL最新技術情報
    梶山 隆輔, Oracle Corporation MySQL GBU
  • PostgreSQL⁠超⁠入門 - PostgreSQLの現在地点
    高塚 遥, 日本PostgreSQLユーザ会(JPUG)
  • 「OSSデータベース取り取り時報」総集編2019-2020
    溝口 則行, TIS
  • Laravel入門
    滝澤 正大, デジタル・ヒュージ・テクノロジー

セミナー講師陣(左から梶山,高塚,滝澤,溝口)

セミナー講師陣(左から梶山,高塚,滝澤,溝口)

この記事は開催前に執筆してますので,実施状況をお伝えすることができませんが,OSSコンソーシアムのWebサイトに参加レポートを記しておきます。また,発表ビデオも後日公開になるはずです。

[MySQL]2020年5月の主な出来事

本連載の第57回締め切り直後,2020年4月末にMySQLサーバー8.0.20, 5.7.30, 5.6.48の各マイナーバージョンをはじめ,商用版およびコミュニティ版のほぼ全ての製品のマイナーバージョンアップが行われました。

1995年5月23日に最初のバージョンがリリースされてから25年が経ちました。MySQLの公式ブログでも25周年のメッセージが掲載されています。

日本MySQLユーザ会(MyNA)の設立は2000年3月で本来は20周年記念イベントを予定していましたが,情勢を考慮し一度延期となっていました。MyNA の20周年とMySQLの25周年を記念したオンラインイベントが5月25日に開催されました。

日本MySQLユーザ会(MyNA)20周年 & MySQL 25周年イベント

今回のオンラインイベントでは,MyNAの代表であるとみたまさひろさんや,米国 MySQL,Inc に開発インターンとして在籍するという日本でも数少ない経験をお持ちのSCSK株式会社 池田 徹郎さんからMySQLの歴史にまつわる懐かしい話題が紹介されていました。MySQL初期から日本での普及に尽力されているソフトエージェンシーの立岡さんは,技術的な観点からだけではなく,日本でも極めて早い時期からMySQLのライセンスやサポートを販売されてきている経験談をご紹介いただき,多くの参加者は初めて聞くような話がいくつも飛び出していました。特に監修に関わられた書籍『MySQL & mSQL』が日本で初めてMySQLの文字が入った書籍であるこが紹介された際には,多くのツイートでmSQLの存在について驚きの声が並んでいました。

またMySQLを活用するエンジニアのコミュニケーションの場ともなっているMySQL Casualの中の人のmyfinderさん,日本オラクルのMySQLチームからはこの10年以内の様子もお話しいただきました。

MySQL 8.0.20の新機能

MySQL 8.0.20の主な新機能は下記の通りです。

ハッシュジョインの対応範囲の拡大

MySQL 8.0.18で等価条件でのインナージョインに対してオプティマイザーがハッシュジョインを選択して実行可能となりました。MySQL 8.0.20からは以下のジョインに関してもハッシュジョインが利用されるようになりました。

  • Inner non-equi-joins
  • Semijoins
  • Antijoins
  • Left outer joins
  • Right outer joins
ダブルライトバッファーのシステム表領域からの独立
InnoDBのダブルライトバッファーは,メモリ内のバッファプールの内容をデータファイルに書き込む前にフラッシュされるストレージの領域です。これまではInnoDBのシステム表領域(デフォルトファイル名はibdata1)に含まれていましたがMySQL 8.0.20からは独立したファイルとなりました。デフォルトでは2つのファイルが作成されます。
バイナリログのトランザクション圧縮
トランザクションによるデータの変更を記録するバイナリログでリアルタイムのトランザクション圧縮が可能となりました。圧縮されたトランザクションはバイナリログに記録され,またレプリケーションで他のMySQLサーバーに転送する際も圧縮されたままとなるため,ディスクIOやデータ転送量の削減に役立ちます。デフォルトではzstdアルゴリズムでの圧縮で圧縮率を設定可能,zlibアルゴリズムの利用も可能です。
InnoDBのトランザクションスケジュールからFIFO廃止
MySQL 8.0からトランザクションスケジュールのアルゴリズムとしてCATS(Contention-Aware Transaction Scheduling)が導入されていますが,MySQL 8.0.20で従来のFIFOが廃止されCATSのみが利用されるようになりました。

他にもXプロトコルのメッセージの圧縮レベルの変更JOINやGROUP BYなど用途別に利用するインデックスを指定できるヒント句SELECT * INTO OUTFILE文のINTO OUTFILEの位置の制約追加など,多くの機能追加とバグ修正が行われています。詳細はMySQLサーバー開発チームのブログおよびリリースノートをご確認ください。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。