OSSデータベース取り取り時報

第70回 MySQL 8.0.25緊急リリース,今年も充実したPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム活動成果発表セミナー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

[MySQL]2021年5月の主な出来事

2021年5月のMySQLの製品リリースは,MySQLサーバー 8.0.25の緊急リリースでした。対象の問題はMySQL 5.7では影響が無いためリリースは行われていません。MySQLサーバー 8.0.25の各マイナーバージョンをはじめ,バージョンを揃えるために問題が無いMySQL NDB Clusterや各種Connector, MySQL Shell, MySQL Workbenchなどのクライアントプログラムの商用版およびコミュニティ版のほぼ全ての製品のマイナーバージョンアップが行われました。

なおMySQL 5.6は1月にリリースされた5.6.51が最終のメンテナンスリリースとなり,今後はごく例外的な状況を除いてセキュリティパッチなども提供されなくなりますので,ご利用中の方はMySQL 8.0などへのバージョンアップをご検討ください。

MySQL 8.0.25での変更点

MySQL 8.0.25がリリースされたのは,Bug # 103192で報告された「プリペアードステートメントにて集計関数が使用された場合に結果不正となる場合がある」件の修正が主な理由です。

また同時にリリースされたMySQL Shell 8.0.25では,MySQLインスタンス全体や個別のテーブルをダンプおよび高速なロードを行うためのユーティリティ重要なバグがいくつか修正されています。

MySQL 8.0へのバージョンアップ

MySQL 8.0へのバージョンアップ手順やバージョンアップ時の注意事項については,MySQL 8.0 リファレンスマニュアルでも解説されていますが,日本オラクルのMySQLチーム主催のWebセミナーでも解説されており,手順や注意点をまとめた資料が他のセミナー資料とあわせて公開されています。

こちらの資料でも,第59回でご紹介した日本MySQLユーザ会の代表であるとみたまさひろさんが公開されている,MySQLのバージョンごとの設定などを比較するツールについても重要なツールとして紹介されています。

[PostgreSQL]2020年5月の主な出来事

今回は,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons)の年度成果の発表セミナーを中心にお伝えしますが,その他に次のメジャーバージョンであるPostgreSQL 14のベータ版の初登場や,既存のサポート済みバージョンのアップデートもありました。

PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムが2020年度活動成果を公開し成果発表セミナーを開催

今年もPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons)から活動成果が公開され,あわせて5月27日に成果発表セミナーも開催されました。今年のセミナーも昨年と同様にオンライン開催となりました。成果発表セミナーが通常の会場開催される年にはセミナー後は関係者で盛大に打ち上げの懇親会を行っていましたが,残念ながら今年も懇親会はおあずけです。

PGEConsは,技術部会の中の3つのワーキンググループ(WG)が技術的な検証活動などを行っており,他に広報部会とCR(Community Relations)部会があります。3つのWGからは毎年のように密度の濃い調査・検証成果が発表されていて,PostgreSQLに関心があるエンジニアにとっては貴重な情報源になっています。今年の成果発表セミナーも150名以上のエントリがあったようです。

冒頭,理事長の西村剛さん(NTT)からPGEConsが10年目を迎えたことや,この10年でエンタープライズITへの適用が進んだこと,クラウド環境へのシフトが進んだことなどが紹介されました。PGEConsのこれまでの9年度分の活動成果は全て公開されており,膨大な蓄積になっています

以下に,各部会,WGから発表された活動成果の概要を紹介しますが,多数のテーマでかつ密度の濃いものばかりですので,ここで詳しく紹介することは叶いません。すでに公開している発表スライドをご参照いただき,さらに詳しく知りたい方は成果報告書本編を参照いただくのが良いでしょう。

AzureのマネージドRDBサービス

Microsoft Azureでのマネージドサービス(PaaS)としてのPostgreSQLの調査・検証結果が,課題検証WG(WG3)の永井光さん(日鉄ソリューションズ)と,毛呂良寛さん(ヤマトシステム開発)から発表されました。もっとも注目すべきポイントは,まもなく一般公開(GA)になるであろう⁠FlexibleServer⁠という名称のPostgreSQLサービスの優れた性能特性でしょう。現在,AzureのPostgreSQLサービスは,SingleServerと,Hyperscale(Citus)という2種類があります。これらについては2019年度の成果で報告されています。PGEConsはMicrosoftの協力のもと,新しいFlexibleServerの検証を行っています。結果はたいへん良好で,CPU等のサーバリソースの増加にあわせて性能がスケールするようになります。FlexibleServerが一般公開になった後は,高性能を求めるケースであればこれ一択でいいのではないかとの意見も出ていました。

PGEConsでは,クラウド事業者のマネージドサービスとしてのPostgreSQLをここ数年間検証してきていますが,AWSにしてもAzureにしても,毎年の進歩に目を見張るものがあります。

AzureのマネージドRDBサービスを報告する永井光さん

AzureのマネージドRDBサービスを報告する永井光さん

PostgreSQL 13の性能傾向

PostgreSQLは毎年メジャーバージョンアップが出ています。2020年にリリースされてこの連載でも何回か取り上げてたバージョン13が現在の最新です。バージョンアップに期待することのひとつが性能向上ですが,果たしてバージョン13の性能特性はどうなっているのかを検証した結果です。新技術検証WG(WG1)の正野裕⼤さん(SRA OSS)と湯村昇平さん(NECソリューションイノベータ)から発表されました。

バージョン13.2を,ひとつ前のメジャーバージョンである12.6と比較した結果,性能的にはほとんど変わらないことがわかりました。もっとも,クライアントからの接続多重度が192までの結果なので,それ以上に負荷を上げた場合には同じかどうかは不明とのことです。

また,新旧バージョン対決ではなく,同じバージョン13でWindowsサーバとLinuxサーバとで比較した場合は,少しだけLinuxの方が性能が良い結果になっています。これは参照系処理よりも更新系処理の方が差が大きく,OSが提供するファイルシステムの違いに起因するのでは無いかと推測しているとのことでした。

パラレルクエリ検証

上記と同じく新技術検証WG(WG1)が実施したもうひとつのテーマであるパラレルクエリの検証結果が,近藤太樹さん(NECソリューションイノベータ⁠⁠,坪井新治さん(NEC⁠⁠,上原一樹さん(NTTテクノクロス)から発表されました。

パラレルクエリとは,1つのクエリ(処理要求)を複数のプロセスに分割して並列実行することで高速化を図るものですが,並列実行すれば常に早くなるというわけでもないのが悩ましい点です。机上で考えるだけでは解決しないので,実機での検証成果が知見の積み上げに役立ちます。

今回実施した検証では,スタースキーマベンチマーク(SSB)と呼ばれるベンチマークテストを使っています。SSBは複数のパターンのクエリを含んでいて,パターンごとの性能の違いを比べることが出来ます。パラレルクエリを使わない場合と使った場合で,大きく性能が向上するパターンもあれば,あまり変わらないパターンもありました。インデックスの使い方などによってパラレルクエリの効き方が変わることは仕組みを理解していれば予想はできるようですが,簡単ではないでしょう。

さらに難儀になってくるのが,テーブルパーティショニングとパラレルクエリを併用した場合です。両方が性能向上に効いてくれれば申し分ないのですが,性能に影響する要因がはるかに複雑であり,性能が向上する場合もあれば,逆に劣化してしまうケースもあります。どういうケースに性能向上し,どういうケースに劣化するのかのパターンが明確になれば良いのですが,現状では未解明の部分が多く判断できる状態では無さそうです。うかつに手を出すと火傷をしそうにも思いますが,今後,知見が積み上がって判断できるようになることを期待したいと思います。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。