OSSデータベース取り取り時報

第59回 オープンソースカンファレンスOnline,KDDIにおけるMySQL InnoDB Cluster事例,PostgreSQLのオンラインイベント紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

オープンソースカンファレンスOnlineから

2月以降,オンライン開催となっているオープンソースカンファレンス(OSC)の近況です。

OSC Online/Nagoyaの続報

5月30日に開催されたOSC Online/Nagoyaは,朝10:00から18:00まで,最大5トラックのセミナーがずらっと並ぶ充実した構成となりました。参加者も事前エントリが500名を超えていましたので,オンラインでも例年の通常開催と変わらない規模となりました。OSSコンソーシアムでは,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)との共同企画として,⁠OSSデータベース入門セット ~二大OSS-DB & アプリ開発⁠超⁠入門」を2枠連続で実施しました。発表の資料と動画を公開していますので,ご参加いただけなかった方は是非ご覧ください。

オンラインセミナー実施中のZoom画面

オンラインセミナー実施中のZoom画面

その他のOSSデータベース関連では,「NoSQLとしても使える高可用性インメモリDB,MySQL NDB Clusterのご紹介」と,「PostgreSQL最新情報」のセッションがありました。

OSC Online/Hokkaido,6月27日に開催

6月の北海道もオンライン開催となりました。OSCのオンライン開催も3回目になり,かなり馴染んできた様に感じます。今回はなんと最大8トラックです。どのセッションを聴講しようか迷った方も多いでしょう。OSSコンソーシアム担当のセミナーは,今回はデータベース色が薄めですが,人気のアプリ開発系の入門セミナーとしてLaravel入門と本連載記事の紹介を合わせて発表。その他には,MySQL開発最新動向のセミナーもありました。

前回の OSC Online/Nagoyaと同様,この記事は開催前に執筆していますので,実施状況をお伝えすることができませんので,開催後にコンソーシアムのWebサイトにレポートを記しておきます。また,発表ビデオも後日公開になるはずです。

次は8月のOSC Online/Kyoto

例年8月に開催される京都開催のOSCもオンライン開催となりました。例年8月の京都は猛暑ですが,それでもいいので現地で開催され,参加できることを期待していましたが,それは叶いませんでした。けれど,4月のOnline/Springから6月のOnline/Hokkaidoまで,オンライン開催ならではの地域を越えた盛り上がりが実現出来ていますので,2日間開催のOnline/Kyotoはさらに盛大な開催になることを期待しています。

[MySQL]2020年6月の主な出来事

2020年6月はMySQLの製品リリースはありませんでした。日本オラクルのMySQLチームでは,6月はインストール方法やアーキテクチャの解説をテーマとしたWebセミナーを開催しており,7月はレプリケーション関連のセミナーが予定されています。特に7月9日に開催予定のWebセミナーでは,レプリケーション構成の運用構築を従来の方法よりも圧倒的に効率化できるInnoDB ReplicaSetにフォーカスした日本での初めてセッションとなる予定です。

KDDIにおけるMySQL InnoDB Cluster導入事例

KDDIは固定回線から携帯電話,インターネットプロバイダなどを総合的に提供する通信事業者であると同時に,キャッシュレス決済のau PAYをはじめ,インターネットバンキングの「じぶん銀行」や電力事業の「auでんき」など幅広い領域にサービスを広げています。これらの新サービスや事業のインフラにMySQL InnoDB Clusterを導入し,運用の効率化と障害復旧時間の短縮に成功した事例が公開されました。

標準化されたデータベースの1つとして,従来はMySQLのレプリケーション機能をベースとした構成となっていました。万が一障害が発生した場合には,データベース管理者が対応しなければいけない場面も多くありました。MySQL InnoDB Clusterを導入したことで自動フェールオーバーを実現し,システムへの影響を最小限に抑えつつ迅速に復旧できるようになっています。

MySQL Enterprise Backupによるバックアップ時間の短縮や,MySQL Shellの活用についてもあわせて紹介されています。

MySQLのパラメータ比較

日本MySQLユーザ会の代表であるとみたまさひろさんが,MySQLのバージョンごとの設定などを比較するツールを公開されています。メジャーバージョン間の違いだけではなく,マイナーバージョン間の比較も可能です。

当初はMySQLサーバーの設定パラメータのみの比較が可能でしたが,現在では以下の項目が確認できます。

  • MySQLサーバーのシステム変数(設定値)
  • mysqlクライアントプログラムの設定
  • MySQLサーバーのステータス変数
  • キャラクタセット
  • 文字照合(Collation)
  • 権限
  • SQL関数
  • information_schema
  • performance_schema
  • エラー番号とエラーメッセージ

特に,新機能が続々と追加され機能の変更も激しいMySQL 8.0のバージョン間での比較に非常に便利です。

日本MySQLユーザ会のYouTubeチャンネル

日本MySQLユーザ会の2周年を記念したイベントの動画を掲載することをきっかけにYouTubeチャンネルが開設され,チャンネル登録者の増加によってカスタムURLが取得できました。この後のオンラインでの勉強会やイベントなどの際にも動画がついされていく予定となっていますのでぜひ皆さんもチャンネル登録してみてください。

日本MySQLユーザ会のYouTubeチャンネルの新しいURL
URL:https://www.youtube.com/c/mysqlmyna

画像

MySQL Release note でわいわい言う勉強会 8.0.20

5月25日の日本MySQLユーザ会(MyNA)20周年 & MySQL 25周年イベントにつづいて,オンラインのイベント「MySQL Release note でわいわい言う勉強会 8.0.20」が開催されました。

MySQL 8.0は2019年4月のGAリリース以降も,数多くの新機能が追加されています。こちらのイベントの模様も,日本MySQLユーザ会のYouTubeチャンネルでご覧いただけます。

MySQL 8.0のGAリリース後の機能追加に関する本連載の記事

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。