OSSデータベース取り取り時報

第80回 セミナー「OSSをDX戦略に組み込む」開催報告,MySQL Shell for VS Codeプレビュー・リリース公開&MySQL HeatWave MLリリース,オープンソースカンファレンスからPostgreSQL情報

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

この連載はOSSコンソーシアム データベース部会のメンバーがオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

セミナー&座談会「OSSをDX戦略に組み込む」をオープンソースカンファレンス2022 Online Springで実施

3月11日(金)と12日(土)に開催されたオープンソースカンファレンス 2022 Online Springにおいて,OSSコンソーシアムでは独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の協力を得て,OSSとDXをテーマとしたセミナーを行っています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)は,良くも悪くも空前のバズワードになっています。DXは「デジタル技術によってビジネスや社会,生活の形やスタイルを変える(Transformする)こと」を目指します(IPAの「DX SQUARE」より)。そうであれば,OSSがDX実現にどの様に貢献できるのか,OSSに取り組む者としては腹落ちした理解をしておきたいところです。そこで,IPAの指標が示す「DX実現のためにはITシステムに何が求められるのか」を起点として,DXの勘所となるデータ活用とレガシーシステム対応について,OSSコンソーシアムの有志が発表とディスカッションを行いました。今回の話だけで明快な答えが出るほど簡単なことではありませんが,現状課題の理解や,OSSとDXの親和性についての発見をする機会となりました。

OSSコンソーシアム紹介

発表者:今井啓(OSSコンソーシアム 事務局,OSSTech株式会社)

データベース部会を含むコンソーシアムの7つの部会と支部の紹介です。

IPAのDX推進施策 ~プラットフォームデジタル化指標でIT課題を見える化する~

発表者:溝口則行(独立行政法人情報処理推進機構(IPA)社会基盤センター)

IT活用を進めればDXが実現できるわけではありません。しかし,DX推進のためにはITシステムにも満たすべき条件があります。IPAではそのための評価指標「プラットフォームデジタル化指標」を策定して公開しています。この指標を大きくまとめると,企業ITシステムが(1)技術的負債となってしまうことを回避できるかどうか,⁠2)新たな価値を生み出す力となれるかどうかということを診断するための様々な項目から構成されています。講演では,まずプラットフォームデジタル化指標の概要を説明しています。その上で,76項目ある診断指標の中から,⁠1)の観点からレガシーシステム対応に際して留意すべき項目と,⁠2)の観点からデータ活用やデータ分析システムに求められる項目を例として挙げています。

IPAの発表の様子

IPAの発表の様子

基幹系システムにオープンソースを適用するには

発表者:上野俊作(OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会,東京システムハウス株式会社

メインフレームやCOBOL言語が使われているなどのレガシーシステムのモダナイゼーションが注目を集めています。これはDXブームの以前からの傾向です。しかし,IPAの講演でも指摘されているように,現行ITシステムがDX推進の際に技術的負債となりやすいこともあり,さらに必要性が高まっています。この発表では,COBOLの実行環境や変換技術,組み合わせて使えるミドルウェアなどの多くでOSSが利用可能となっていることが示され,OSSがモダナイゼーションに寄与していることがわかります。

また,ITシステムにopensource COBOLやその他のOSSを積極的に利用している企業のチームには,共通した次の様な特徴が見られる様です。⁠1)強力な推進リーダがいること。⁠2)自分たちでシステムを作る意識を持っていること。⁠3)開発ができる人材をチームに集めていること。これらは,経済産業省のDXレポートで提起している問題意識と共通します。つまり,DX推進に前向きな企業やチームと,OSS利用に積極的な企業やチームは,共通した気質を持っている傾向がある様です。

オープンCOBOLソリューション部会の発表の様子

オープンCOBOLソリューション部会の発表の様子

DXとデータベース

発表者:梶山隆輔(OSSコンソーシアム データベース部会,日本オラクル株式会社)

DXの観点からデータベースを見るとき,⁠1)現状で使っているDBMSが技術的負債の解消に役立っているのかという点と,⁠2)データを活用して新しい価値を生み出す役になっているかという両面があるでしょう。この発表では,IPAのプラットフォームデジタル化指標が求める事項をいくつか挙げて,DB選択の考え方を示しました。

プラットフォームデジタル化指標では,ITシステムと管理するデータが適度に独立性を持っていることを求めています。これはサービス毎にDBサーバを独立させたり,さらにはマイクロサービスアーキテクチャが進んでいくと,DBサーバ台数が増えがちで,それに適したライセンス形態のDBMSが求められます。また,DX推進に必要なデータ分析の観点では,DBサーバは単なるデータの格納庫ではなく,各種の分析機能が使いやすいことも必要です。そこで,昨今のOSSデータベースで利用可能な分析機能について紹介しました。

ただし,OSSデータベースだけで求められる指標を達成出来るわけではないのは当然のことで,アクセス急増に対応するなどのアジリティ(迅速性)観点は,ITインフラを含む総合力でカバーしていく必要があります。

データベース部会の発表の様子

データベース部会の発表の様子

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長兼データベース部会リーダ。他に,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラム(JOPF)にも参画。また,OSS推進活動の他に,日本のIT業界がDX(デジタルトランスフォーメーション)の波の藻屑とならないように,DX推進と変革に微力ながら勤しむ。

バックナンバー

OSSデータベース取り取り時報

バックナンバー一覧